よりそうつきひ

家族に「おやすみ」と「おかえり」を言えない辛さを知っているから、言葉で明かりを灯したい。ー私たちが本づくりに挑戦する理由(後編)

作家・小谷ふみさんと店長大浦の出会いから本づくりのクラウドファンディングを立ち上げることを決めるまでの道のりについて(前編)はこちらからご覧ください。 「私のために」から「誰かのために」へ 人から応援を仰ぐことを苦手とす… >続きを読む

よりそうつきひ

本は思いやりで出来ているから。ー私たちが本づくりに挑戦する理由(前編)

こんにちは、店長の大浦です。 作家・小谷ふみさんの本づくりのプロジェクト「言葉の基金」で呼びかけているクラウドファンディングにつきまして、応援してくださる方が少しずつ集まり始め、感謝の気持ちでいっぱいです。 なぜ私たちが… >続きを読む

言葉の小舟に揺れながら

生きがいとは、“明日への好奇心”であるという希望の言葉。第2話『10年ごとに開く言葉』ー「生きがいについて」神谷美恵子

第2話『10年ごとに開く言葉』 —「生きがいについて」神谷美恵子 「ねえ、『生きがい』って何だと思う?」 神谷美恵子の本は、私たち女学生のバイブル的存在だった。 その著書の中から「生きがいについて」の英訳を、 一番仲良く… >続きを読む

言葉の小舟に揺れながら

「出会うべき本には、出会うべき時と場所で、時に、何度でも巡りあう」第1回 小舟の帆

小舟の帆 とにかく、急いでいた。 約束があるわけでもないのに、 急いでいた。 理由は、もう覚えていない。 ただ、その時は必死で、 とにかく先へ、先へと。 これ以上漕げないスピードで、 自転車を走らせていたある日の夕方、 … >続きを読む