メンバー日記

誰かの心に過去の自分が重なって見えた時、なぜか優しい心が動く。その正体ってなんだろう。

こんにちは、店長の大浦です。 私たちのお店では、週に一度「最近心が優しい方へ動いたできごと」をシェアする定例MTGを開いています。今日は、先日行われたMTGの様子をご紹介します。 スタッフ小栗 「スーパーで働くおばあちゃ… >続きを読む

food letters 〜料理家・cayocoさんの食を巡る旅〜

秋は長野県へ!料理家cayocoさんの、食と人をつなぐ旅「food letters」第三弾が始まります!

こんにちは、店長の大浦です。 料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐプロジェクト「food letters」の第三弾、秋の旅が始まります! 今回の行… >続きを読む

言葉の小舟に揺れながら

「カナシミ」に満ちた殻は 君を支える 「ヨロコビ」のうつわ。第4話「ヨロコビの輪郭」—「デンデンムシノカナシミ」新美南吉

第4話 『ヨロコビの輪郭』 “わたしは いままで うっかりしていたけれど、 わたしのせなかの からのなかには かなしみが いっぱいつまって いるではないか” デンデンムシの物語は、ここからはじまる。 この世界が、この心が… >続きを読む

food letters 〜料理家・cayocoさんの食を巡る旅〜

春夏秋冬の旅のお便りが届く、レシピ本「food letters」の特典付き先行予約が始まりました!

こんにちは、店長の大浦です。 料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐプロジェクト「food letters」の特典付き先行予約が始まりました。 これ… >続きを読む

言葉の小舟に揺れながら

新聞コラムとは、ある日、どこかの町で、誰かが残した「世界の日記」。第3話『タイムマシンと熱気球』ー書籍版「天声人語」とスマホアプリ「たて書きコラム」

第3話 『タイムマシンと熱気球』 息子の育児日記の仕上げをしようと押入れのダンボールを開いたら、 彼が小学生の時に続けていた新聞の書き写しノートが出てきた。 保護フィルムに包まれたような幼い彼の日々。 その「外側」で起こ… >続きを読む