優しいこころと暮らしをつくる、ダンサーの本棚

彼らは、みんな恋をした  安野光雅 口語訳 『即興詩人』

恋の共鳴は今日も続いている   『即興詩人』。歴史も文化も自然もたわわで豊かなイタリアの地を舞台に、アンデルセンが2年の旅の後、1835年に執筆。ヨーロッパで反響を呼ぶ。日本では、森鴎外が名文云われ高い雅文調の… >続きを読む

food letters

【food letters|春・福岡編】第5話 旅の偶然の出会いは、なんでもない風景を忘れることのない景色へと変える力がある。

料理家cayocoさんの食を人をつなぐ旅「food letters」春・福岡編、第一回目の話はこちら 保存食づくりは、だいだいポン酢 いよいよ旅でお世話になった人を招いて料理を振る舞う夕食会の日。午前中は、この旅の大きな… >続きを読む

物語に添える花たち

花植物の手仕事 つぐみさんが作る、まあるいお月さまのようなリースを発売しました!

花 植物の手仕事つぐみさんが制作したドライフラワーのリース、第3弾を発売開始しました。 作家小谷ふみさんの連載「わたしをつくるもの」から受け取った物語の世界を、つぐみさんが花と植物で表現したドライフラワー。今回も、花たち… >続きを読む