お知らせ

言葉で心に明かりを灯す本、小谷ふみ著書「よりそうつきひ」発売開始しました!

心がひとりぼっちになった時、そっと言葉で明かりを灯してくれる本、作家小谷ふみ著書「よりそうつきひ」が発売となりました(ご購入はこちらから)。 どこか切なくて、寂しくて、愛しくて、ホッとする。なんでもない一日を胸に焼き付け… >続きを読む

春 福岡の旅

料理家cayocoさんの食と人をつなぐ旅 第1話「かわいい」と感じる目と心。そこにはいつだって愛がある。

東京・西荻窪の食とセラピーのお店「ていねいに、」の料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐプロジェクト「food letters」。その旅とレシピを一… >続きを読む

優しいこころと暮らしをつくる、ダンサーの本棚

優しさってなんだろう、に触れる本 = 今江祥智『優しさごっこ』

大人の中のこどもの中の大人の中のこども… 今回ご紹介させていただく本は、今江祥智(いまえよしとも)氏が1977年に発表した作品、「優しさごっこ」です。 「優しさってなんだろう、に触れる本」というテーマを頂いていますが、優… >続きを読む

わたしをつくるもの

「失くしたもの、得なかったものの分だけ、 騒がしく、にぎやかになってゆく、 記憶という鳥かご。」第2回 鳥かごに咲くもの

「わたしと一緒に暮らそうよ!」 青とグレーのグラデーションが美しいその小鳥は、 鳥かごの向こう、できるだけこちら側に近づいて、 人懐こく、そう話しかけてくるようだった。 鳥かご越し、お話ししたり、指先で遊んだり。 しばら… >続きを読む