おやすみの前に

【おやすみの前に】いつだって、伝えたい気持ちがあるかぎり、 きっと、言葉に終わりはない。

手紙 初めての文通は、 手紙ではなく、机の端っこの落書きだった。 中学生のころ通っていた塾の机に、 ある日、詩のような一文が書かれていた。 ノートとテキストの隙間から、 ちょっと見える机の狭いスペースに、 鉛筆で書かれた… >続きを読む

おやすみの前に

【おやすみの前に】「わざわざ書き残すほどのことじゃないこと」 の繰り返しで、 毎日はできている。

わざわざ トイレで携帯電話を失くして、 翌日なぜかやや離れた町から戻ってきたけど、 その流れでそのまま新しい携帯電話を、 手に入れることになった。 今回新しくした携帯電話はちょっと便利で新機能。 書きたいことを、書きたい… >続きを読む