となりあう日々

誰もみな、日々の約束の果て、 いつかは同じ、約束の世界にかえる。最終回「約束の世界」

約束の世界 数日ぶりの、雨あがりの朝。 ここずっと、グッと我慢して飲み込んだ言葉が、 雨水のように胸の底に溜まっている。 山盛りの洗濯を終わらせ、 重い心を引きずって、用事を済ませに丘の上まで。 空はこんなにも晴れ渡って… >続きを読む

となりあう日々

草木の小道にも、 人の心の小道にも、 春夏秋冬がある。第5回「葉っぱのひとり言」

葉っぱのひとり言 ある眠れない夏の夜。 眠らない川を渡り、 眠る町を散歩していたら、 園芸店らしき場所を見つけた。 草木が覆い茂る庭に、 山小屋のような、はなれのような、小屋がぽつん。 お店なのかどうかもよく分からない不… >続きを読む

となりあう日々

誰しも、自分が自分であること、その手がかりを求めている。第3回「ラーメン味の夢」

行きつけのラーメン屋さんは、 かかりつけのお医者さんと同じくらい、 自分の町に必要だと思っている。 美味しいラーメンが食べたいなあと思っていたある日、 抜群のタイミングで出会った青年。 見るからに食いしん坊な彼は、 今年… >続きを読む