お知らせ

non-standard world設立2周年記念パーティを開催します

_DSC0162_2

おかげさまで弊社は、今年の8月にて設立2周年を迎えることとなりました。

WEB制作をご依頼くださったお客さま、ノンスタカフェや喫茶afodに遊びにきてくださったお客さま、ブログをいつも読んでいただいているお客さま、afodにて商品を手にとってくださったお客さま、秘かに応援してくださっているまだ出会っていないお客さまに、「ありがとう」をお伝えしたい!という想いを込めて、パーティを開催致します。

小さな、そして、のんびりとしたパーティーです。
どうぞお気軽に遊びにきてください。

下記、パーティーの概要となります。

日にち

2013年10月5日(土)

時間

15時〜21時
お好きな時間帯にお越しください。
お好きなだけお過ごしください。

場所

+床
中央線「西荻窪駅」徒歩30秒の素敵なアパートメントホテルです。

やさしいお菓子。

15時から17時半は、「卵と乳製品を使わないお菓子 khanam(カナム)」のお菓子をご用意します。子どもも大人も美味しく味わえる、からだに安心な素材を使ったカナムさんのお菓子を、おやつの時間にどうぞ。

02

やさしいごはん。

18時から21時は、「ていねいに、」のcayocoさんがつくるごはんをご用意します。
どこか懐かしいような、でも家では真似できないような、ていねいに作られたごはんが待っています。

IMG_0525

柔らかな音が奏でる、小さなライブ。

19時半〜20時は、「たなかけん」さんのライブをお届けします。アメリカや台湾の野外フェスなどにも出演しているバンド「百景」のドラマーであり、ソロでは、ギターのフレーズをその場で重ねて演奏するスタイルで、こ­れまでにスターバックスコーヒーや野外イベントなど全国各地の様々な空間で演奏。その楽曲は、是枝裕和監督のテレビドラマ『ゴーイングマイホーム』の劇中でも使用されています。 無類のコーヒー好きで、コーヒーがテーマのアルバムを作るほどのたなかさん。それはまるでコーヒーを飲みながらほっと一息、車窓から流れる景色を遠く眺めているような、目の前に景色が広がっていく素敵な演奏になると思います。

bio-tanakaken

→ たなかけんさん ライブ映像

アートに包まれる空間で、ゆったりと。

会場には、NSSGRAPHICAの町田宗弘さんのグラフィック作品を展示します。幻想的な世界観をもつ町田さんの作品を、お菓子を食べながら、お酒を飲みながら、音楽を聞きながら、ゆったりとお楽しみください。

tialtngo2
“there is a light that never goes out EXHIBITION”/July, 2011

その日の、そのままのあなたを。

弊社の高崎と佐藤が、お客様のポートレート写真を撮影します。感謝の気持ちも込めながら、お客さまにとって、大切な一枚になるような写真をお撮ります。ご希望の方は、申込みフォームにて、「ポートレート撮影を希望する」欄にチェックを入れ、時間帯を選択の上、お申込みをお願い致します。時間に限りがあるため、限定20組とさせていただきます。定員になり次第締め切りとなりますので、ご了承くださいますようお願いします。

申込み

こちらより、お申込みください。
※9月27日(金)までお申込みを受付致します。

備考

・入場は無料です。ご家族を連れての参加も歓迎致します。
・会場はとても小さな空間のため、ライブの前後(19時半頃)は特に混み合う可能性があります。予めご理解くださいますようお願い申し上げます。

お菓子、ごはん、アート、ライブ、写真撮影。
どれか一つ気になっただけでも構いません。
ちょこっと覗きにくるだけでも、とても嬉しいです。
のんびり過ごすのも、大歓迎です!
スタッフ一同、お待ちしております!!

121003_9440

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。