大浦麻衣の「今日も人が好き」

連載「今日も人が好き」no.7|身に覚えのない“give”

001_Fotor

自分が覚えていない、自分の行動や言葉を、相手がしっかりと覚えていたとき、過去の自分が目の前に現れたかのようで、ドキリとします。

先週のこと、約10年ぶりに高校時代の友人と再会しました。10年前と言えば、大学生の頃。お互いがもっている相手のデータがあまりにも古過ぎて、再会した前半は大笑いしながら質問攻めのアップデート作業。「いつ結婚したの」「相手は誰、どこで出会ったの、どんな性格なの」「どこに住んでるの」「どんな仕事しているの」。ようやく近況がわかったところで、昔話に花が咲きました。

彼女は、私が高校一年生のとき同じクラスになった友人。その年の秋頃にはお父さんの転勤でアメリカへ旅立ってしまいました。アメリカへ行ってしまった後も、私たちは文通を続け、どうやらものを贈り合っていたようで。というのも、お互いに自分が相手に送ったものを覚えていないのです。

「まいちゃん、GLAYとかユーミンとかを入れたMDを送ってくれたよね。」

なんと!私は勝手に自分の好きな曲を選曲して、J-POPと縁遠くなっている友人を思って、送りつけていたようで。決して彼女に頼まれたわけではなく、あくまでも勝手に。なんて厚かましい!というか、図々しい!というか、押し付けがましい!(笑)。まったく身に覚えのないことなのですが、突然17歳の自分が目の前に現れたようで、恥ずかしくてたまらないけれどもどこか微笑ましいような、くすぐったい気持ちでした。

私も彼女から受け取った、文通時代の大切な贈り物の記憶はありました。それは、当時大好きだったマット・デイモンが載っているアメリカのティーンズ雑誌。当時は簡単に手に入れられないということもあり、マット・デイモンの記事を大切に切り抜いて、手帳に貼って持ち歩いていました。しかし、友人は全く覚えていないと言うのです。

ただ、二人とも共通していたのは、その贈り物を受け取ってとても嬉しかったこと。自分がしたことにこんなにも責任をもっていないとは、少々焦る気持ちもありますが、受け取ったほうが記憶に残るんだなと思うと、やっぱり“give”は大事だなあと。

きっとものをあげるだけじゃなくて、相手に伝える言葉も “give”。そういえば、自分では言った覚えがない言葉を夫が覚えていたりして「私は記憶にございません!」とケンカをすることもしばしばあるような(笑)。人と関わって生きていく中で、絶えず無意識に相手に “give”はしていて、そこに意識をもてるかどうかは自分次第なんだなと再認識しました。相手に対する言葉も行動も、ていねいに、大切にしていきたいと、あらためて心に想うのです。

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。