ノンスタカフェ

ノンスタカフェ第15回「ブックトレード・カフェ」

わたしたちnon-standard worldでは「ノンスタカフェ」と題しまして、飲み会と勉強会の中間のような形で、肩肘張らずに一つのテーマについて考える会を開いています。

15回目となる今回は、前回に引き続き「ブックトレード・カフェ」を開きます。

ブックトレード・カフェとは、お気に入りの本を数冊持ち寄り、紹介しあう「場」のことです。前回、このワークショップの発案者である木村航さんより、「のれん分け」の許可をいただきましたので、わたしたちがホスト役を受け継ぎ開催したいと思います。先月は気になっていたけれど予定が合わなかった方、前回の話の続きをしたい方、今回始めて知って興味をもった方、どなたさまもお気軽に遊びにきてください!

IMG_0063

ブックトレード・カフェとは、どんな「場」であるかは、 ブックトレード・カフェのサイトにて、このように紹介されています。


ルールは簡単。カフェのような自由でくつろいだ場所でゆっくりと本について語り合い、最後に読みたい本を「トレード」します。それだけ。簡単なルールですが、とても充実した時間を過ごすことができます。その理由はいろいろありますが、おおまかに以下の3つがあげられます。

1つ目は新しい本と出会えること。10人の人が5冊ずつ持ち寄れば、50冊の本が集まることになります。しかも一冊一冊、気持ちを込めて選ばれた本たちです。普段手に取らないジャンルの本と出会う絶好の機会です。

2つ目は本を通して自分を語ること。「お気に入りの本」を紹介すると、自然に自分がその本を気に入っている理由、経緯を話すことになります。本について20分話したら、たっぷり20分自己紹介したことと同じになります。

3つ目は本を介したつながりが広がること。持ち寄られているのは「お気に入りの本」なので、手に入りにくいもの、思い入れのあるものが多いです。だから「交換」といっても、ほとんどの場合本を貸しあいます。そしてなぜかほとんどの場合、返却は郵送ではなく直接会って行われます。そこで本の感想が話し合われ、新たな交流が生まれています。本から発展してCDやレコードの貸しあいをしている人も。


私(大浦)はちょうど今、前回のブックトレード・カフェでお借りした本を読み進めているのですが、絶対に自分一人の力では出会うことのできなかった本で、頭の使っていなかった部分がミシミシと動き始めています。それは、自分の世界が少し広がったような気持ちでもあり、あらためて本と出会うことは、人と出会うことに似ているなあと思いました。

持ってくる本は、写真集でも、辞書でも、絵本でも構いません。ただ唯一の条件は「お気に入りの本」であること。ぜひ自分の家の本棚から、お気に入りの本をもって遊びにきませんか?お待ちしています。

前回の様子

IMG_9949IMG_9994

前回の開催レポートはこちらからご覧いただけます。

今回、場所が変更になります。

_DSC0012

中央線「西荻窪駅」徒歩15分の昭和レトロな雰囲気の小さなカフェ、ていねいに、 
をお借りして実施します。お座敷なので、靴を脱いでゆったり過ごせます。

ご予約方法と詳細は以下のとおりです。

詳細

日時 2013年7月27日(土) 開場18:15・開始18:30・終了21:00
場所 ていねいに、 
※中央線「西荻窪駅」徒歩15分の昭和レトロな雰囲気の小さなカフェです。お座敷なので、靴を脱いでゆったり過ごせます。
過ごし方

1.お気に入りの本を3〜5冊持って集まります。
※小説、絵本、漫画、写真集、詩集、雑誌、自主出版・・・どんなジャンルの本でもかまいません。あなたの「お気に入りの本」であることが条件です。
※持ち寄った本は本当に交換する必要はありません。「紹介だけしたい本」でもOKです。

2.軽い夜ご飯を食べながら、ゆっくり本を紹介し合います。

3.最後にトレードタイム。交換してもよし、貸し合いにしてもよし、単に情報交換だけでもよし。
お気に入りの本なので、手放したくないものもあるでしょう。だから本当に交換する必要はありません。参加する人同士で一番いい方法を選びましょう。
※複数巻ある本は、セットで「1冊」とします。

参加人数 10名まで。1人でも参加者がいる場合は開催します。
持ち物 お気に入りの本3〜5冊
カフェホスト 大浦麻衣(non-standard world)
参加費 1,500円(軽食、ドリンクつき)
ご予約方法 こちらより、チケットをご購入下さい。
※26日(金)まで予約受付けます。
その他
  • 飲食持ち込みOK。今回は会場の都合上、ノンアルコールとなりますのでご了承ください。

ご不明点は、弊社Facebook、もしくはお問い合わせフォームよりどうぞ。

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。