大浦麻衣の「今日も人が好き」

連載「今日も人が好き」no.3|鳥肌の立つ瞬間

IMG_0091_Fotor

会話の中の言葉で、久しぶりに鳥肌が立ちました。

きれいな言葉や、心が揺さぶられる言葉というのは、たいてい本や音楽や映画の中だったりするのですが、会話の中で出会うと、さあ大変!会話のキャッチボールをしなくてはいけないという理性が働きつつも、じわじわと胸が熱くなる感性に飲み込まれ、頭と心の中は大乱れ。

その出会いというのは、先週と今週にインタビューの機会をいただいた、ある二人の作家さんでした。作品の中には、心に響く言葉がたくさん散りばめられていたのですが、実際のお二人は本の繊細な印象とは違ってとても親しみやすいお人柄。難しい言葉を使ったりもせず、ありのままの想いを丁寧に伝えてくださり、インタビューアーとしてはとても有り難い雰囲気でした。

そんな中、まるできれいな花束をいきなり目の前にポンっと出されたように、お二人の口からはとてもきれいな言葉が出てくるのです。音楽でいうと、胸が締めつけられるようなメロディーのよう。その言葉の響きに、一瞬酔いしれそう気持ちになりました。

夫(高崎)いわく、 私がインタビューをするとき、ボール支配率は8:2。ちなみに私が2割(これってインタビューアーとしては失格なんではないかと心配になります。。)基本的には、相手のお話を無理に膨らまそうとするより、身を委ねながらどちらに舵を取るか考えているのですが、今回のインタビューはインタビューアーとしてではなく、傍聴席があったらそこに座りたい気持ちでした。それくらい、鳥肌の立つ瞬間に感じる心の膨らみを、そのままにしておきたかったです。そして今はその内容を記事にまとめている最中で、美しさを損なわないようにと必死であります。。

お二人のインタビューは近日中に、「ドキュメント“ものをつくるということ”」で公開予定です。ぜひ読んでいただけると嬉しいです!

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。