かけ算の生き方

特集|かけ算の生き方 〜エピローグ

実を言うと、今回の特集は、当初2月の特集「小さな自分の仕事のはじめ方」の男性篇として紹介する予定だった。独立して働く男性から、これまでの経緯や、雇われない生き方を選んだことの大変さや喜びを聞き出そうと思っていた。ところが取材が始まってみると、4人の男性から「不安」「悩み」といった言葉はほとんど出てこなかった。共通していることは、「夢中になれる力」が突き抜けているということ。

取材中、一番楽しそうに話してくれたのは4人共通して「philosophy」の部分だった。

IMG_9432

「最初のきっかけみたいなものをデザインしておくと、自由に関係を作り始めるんです」とデザインの理論について話す建築家の岩間さん。

IMG_9588

「世界は言語によって初めて理解される」と語るデジタルアーティストの早坂さん。

IMG_9685

「5本の指輪の中からついつい選んでしまう1本」になりたいと話す倉石さん。

IMG_9860

「顔の見える交流を一つ一つ作っていけば、それが平和に繋がる」と語る社会起業家の高橋さん。

それぞれがもっているコンセプト、信念、哲学を話しているときの目は、少年のような目だった。惹き込まれるほどに、目の奥がキラキラしていた。それは、今年小学生1年生になったばかりの甥っ子が大好きな仮面ライダーについて話してくれるときの目と全く同じ目だった。子どもがもつ夢中になれる力を今も持ち続けている、その純粋な光の一部を、言葉としていただいた。

それぞれからいただいた言葉は、どう調理すべきが悩んでしまう、みたことのない食材ばかりだった。 今回は働き方、生き方という切り口で4人をご紹介したが、本当のところこの「philosophy」の部分で取り上げられ、紹介されるべきような活躍をされている方々だ。大浦麻衣というフィルターを通したことで、面白さの鮮度が落ちてしまった部分もきっとたくさんある。

それでも調理を終えてみると、残ったものは、目の前の仕事に対して、見落としているものや、忘れているものや、拾っていないものがあるんじゃないかという、問いかけだった。「かけ算の生き方」には未来の働き方、生き方の可能性があるのでは、というスタート地点の予想は大きく外れた。それは未来にあるのではなく、もう既に自分の手の中にあるのだと。

やはり他人とは自分を映す鏡のようだ。手本という意味の鏡ではなく、今の自分を映しだしてくれる鏡なんだろう。今回は4つの鏡から映し出された自分の姿と、しばし向き合ってみたいと思う。


5日間に渡り、記事を読んていただいた皆さまありがとうございました。5月の特集は、東京を離れた土地からお送りします!どうぞお楽しみに。

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。