本とおやつ

〜風呂上がりのハルキ〜 村上春樹『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』とヒューガルデン

村上春樹の小説は、ブランデーっぽい。
艶やかな香りとまろやかな口当たりにぐいぐい調子に乗ってたら、バーのカウンターで立ち上がれないほど酔っ払ってしまう、あの感じ。だから時々読むくらい、飲むくらいがちょうどいい。

けれどエッセイは別もの。お風呂上がりのビールのように、肩の力がふっと抜けます。

「人はときとして、抱え込んだ悲しみやつらさを音楽に付着させ、自分自身がその重みでばらばらになってしまうのを防ごうとする。音楽にはそういう実用の機能がそなわっている。」

音楽と小説の存在意義についてさらりと語りながらも、心の奥がじんじんしびれてくる。帯には「日本一おいしいウーロン茶のようなエッセイ集」と書かれているけれど、いやいや絶対アルコール入ってますよ、村上さん。

ちなみにビールでも、瓶のヒューガルデン。スリーピースのスーツに身を包みんだ紳士のような品の良さが言葉の向こうに漂っていて、コンビニの缶ビールとはちと違う。爽やかに軽やかに、酔わされてしまうんですよね。

お知らせ

心がひとりぼっちになった時、そっと言葉で明かりを灯してくれる本、当店オリジナル、作家小谷ふみ著書「よりそうつきひ」が発売となりました(ご購入はこちらから)。 どこか切なくて、寂しくて、愛しくて、ホッとする。なんでもない一日を胸に焼き付けたくなるようなショートエッセイが束ねられた短編集です。読んでいると大切な人の顔が心に浮かんでくる世界が広がっています。

この記事を書いた人:

「よりそう。」館長。時として編集長に変身し、ライターとして駆け回り、ドローンも飛ばしちゃいながら、訪れるみなさんをお出迎えします。好きな本は、稲葉俊郎『いのちを呼びさますもの』。好きな料理は、さつまいも料理。
カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ