本とおやつ

〜大人のネジの外し方〜荒井良二『たいようオルガン』とメロンパン

荒井良二の絵本を手に取った時、この人は大人のボディスーツを着た子どもに違いないと思ったのは、私だけでしょうか。絶対背中にチャックがあるはず。

「のりたいひと てをあげて
どうぞ どうぞ ゾウバスはしる」

のびのびぐんぐんと、時にはぐるぐるふざける筆跡。真っ直ぐで飾らない、ちょっとへんてこな言葉。読んでいると、大人のネジが一本外れて「わーい!」と手を上げて走り出したくなるのです。

メロンパンも然り。
イチジクとくるみのカンパーニュとか、洋梨のデニッシュとか、子どもは選ばないパンに手が伸びるようになってから、久しぶりに食べるメロンパン。「こげなのメロンやなか!」とこっそりツッコミながらも、まんまるなフォルムと、カリカリふんわり食感に「わーい!」と手を上げたくなっちゃうのです。

館内放送

心がひとりぼっちになった時、そっと言葉で明かりを灯してくれる本、当館オリジナル、作家小谷ふみ著書「よりそうつきひ」が発売となりました(ご購入はこちらから)。
どこか切なくて、寂しくて、愛しくて、ホッとする。なんでもない一日を胸に焼き付けたくなるようなショートエッセイが束ねられた短編集です。読んでいると大切な人の顔が心に浮かんでくる世界が広がっています。
料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら
メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

「よりそう。」館長。時として編集長に変身し、ライターとして駆け回り、ドローンも飛ばしちゃいながら、訪れるみなさんをお出迎えします。好きな本は、稲葉俊郎『いのちを呼びさますもの』。好きな料理は、さつまいも料理。
カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ