本とおやつ

〜青春バリューセット!〜俵万智『サラダ記念日』とマックのフライドポテト

バイト終わりに待ち合わせた夜中のドライブとか、何度も開いてはため息をつくメールの受信箱とか、おまわりさんに何度も怒られた自転車の二人乗りとか、そんなことを思い出してしまう、俵万智のサラダ記念日。

「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」
「唐突に君のジョークを思い出しにんまりとする人ごみの中」
「一週間会わざりければ煮返して味しみすぎた大根となる」

五七五の限られた枠の中で、恋する人間の心情をピタリと語られてしまうと、もう恋愛映画なんていらないんじゃないかと思ってしまう。今読み返してみると、ヒリヒリするあの気持ちはもう思い出せないけれど、それはがっつけなくなってしまったマックのポテトに似ているなあと。

一緒に食べるならなんでも良くて、地元の駅で、旅行先で、映画館にはテイクアウトして、マックを食べまくっていたあの頃。家族四人になった今の暮らしの休日に、その選択肢があがることはなく、夢中になった美味しさはどこかへすっかり行ってしまいました。

お知らせ

心がひとりぼっちになった時、そっと言葉で明かりを灯してくれる本、当店オリジナル、作家小谷ふみ著書「よりそうつきひ」が発売となりました(ご購入はこちらから)。 どこか切なくて、寂しくて、愛しくて、ホッとする。なんでもない一日を胸に焼き付けたくなるようなショートエッセイが束ねられた短編集です。読んでいると大切な人の顔が心に浮かんでくる世界が広がっています。

この記事を書いた人:

「よりそう。」館長。時として編集長に変身し、ライターとして駆け回り、ドローンも飛ばしちゃいながら、訪れるみなさんをお出迎えします。好きな本は、稲葉俊郎『いのちを呼びさますもの』。好きな料理は、さつまいも料理。
カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ