よりそうつきひ

ついに完成!作家小谷ふみさんの著書「よりそうつきひ」をお届けするまで。

こんにちは、店長の大浦です。

私たちのお店にとってはじめての本づくりとなる、作家小谷ふみさんの著書「よりそうつきひ」がついに完成しました!

クラウドファンディングと先行予約でお申込みいただいたみなさまへのお届け分は、先週無事に全ての発送を終えました。この本を待ってくださっていたみなさま、喜んでいただけましたでしょうか。感想は「#よりそうつきひ」をつけて投稿していただきましたら、当店のスタッフはもちろんのこと、小谷さんの目にもとまりますので、大切に受け取らせていただきます。

手が震えるほどの緊張と喜び

今日は本の完成からお届けまでの裏側を、ちょこっとご紹介したいと思います。

ここだけの話、私はあがり症でして、手に汗握る瞬間はこれまでの人生で何度もあったと思います。例えばピアノの発表会の楽屋で待ってる時とか、本命の就活面接の時とか、結婚式の両親へのスピーチの時とか。

ところが今回は汗どころじゃない、手が震えてしまいました。緊張と喜びで震えるのは初めてかもしれません。

印刷会社から自宅に書籍が納品され、ダンボールを開ける手がまずプルプル。丁寧に本が包まれているクラフト紙を剥がす手がプルプル。本をそっと取り出すだけでプルプル。ああ!さわれないヨー!!と一人で大騒ぎです(笑)。

チラッとみるだけでも心臓がバクバクしてしまって、まともに直視できていないほど。いやいや早くお客さまに送らないと!と心を落ち着かせながら、一冊ずつ封筒へ梱包していきました。旅立っていく本を目の前に、まるで我が子の背中を見送るような、じんわりしたものが胸に広がりました。

小さなオンラインショップだからこそできる、大きな挑戦へ

本は完成しましたが、本づくりは終わりとは私たちは思っていません。本を届けることがまた一つの挑戦。小さなオンラインショップだからこそできる、大きな挑戦へ。

人が人を想う心に寄り添う、新たな企画の準備が進んでいます。告知まであと少し。ぜひ楽しみにお待ちいただければと思います。

2月上旬には一般販売もスタートします。先行予約は逃してしまったけど気になっていた方も、ぜひお手にとってくださいね。

館内放送

心がひとりぼっちになった時、そっと言葉で明かりを灯してくれる本、当館オリジナル、作家小谷ふみ著書「よりそうつきひ」が発売となりました(ご購入はこちらから)。
どこか切なくて、寂しくて、愛しくて、ホッとする。なんでもない一日を胸に焼き付けたくなるようなショートエッセイが束ねられた短編集です。読んでいると大切な人の顔が心に浮かんでくる世界が広がっています。
料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら
メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

「よりそう。」館長。時として編集長に変身し、ライターとして駆け回り、ドローンも飛ばしちゃいながら、訪れるみなさんをお出迎えします。好きな本は、稲葉俊郎『いのちを呼びさますもの』。好きな料理は、さつまいも料理。
カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ