調えよう、身体!

cayocoさんのタイ古式マッサージを体験してきました

こんにちは。
そして、よりそう。読者の多くのみなさまには、初めまして。
よりそう。を運営しているnon-standard world株式会社のスタッフ、川島さやかです。

ご挨拶も兼ねて、簡単な自己紹介を。
私は、2017年7月に入社したフロントエンドエンジニアとして、Webサイトを作る仕事をしています。
(先日、店長の大浦が、私について紹介してくださった記事はこちらからご覧いただけます)

仕事中はいつもパソコンを見つめているので、首が痛くなったり、肩が凝ったりと、身体が悲鳴をあげることもしばしば。
どうにかしないとなぁと思いつつ、持ち前の呑気な性格から(※私はカップラーメンを食べるときに小躍りしてしまうタイプです)身体のケアはいつも後回し……。

そんな私に、大浦から声が掛かりました。
弊社の社内制度「からだのケア手当 」に、food letters特集でお馴染み、cayocoさんの施術メニューが加わったとの知らせです。

カチコチの身体でお願いしても良いのかな。
ストレッチすら痛いのだけど、大丈夫かな。
不安とどきどきを抱えつつも、好奇心に背中を押され、初めてのタイ古式マッサージを体験してきました。
こちらの記事では、そのレポートをお届けします。

私と同じく、身体のケアってあんまり良くわからないんだよなぁ、という方にも、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

時間の重なりを感じる小さな部屋へ

今回お借りした施術場所は、西荻窪駅から徒歩10分ほどのお店「暮らしのいろいろ ていねいに、」さん。

靴を脱いでお店に上がると、cayocoさんがやわらかい笑顔で迎えてくれました。
招かれるまま、座敷のさらに奥へ。
目の前に現れたのは屋外のような、屋内のような、なんとも不思議な空間でした。
古びた木の引き戸が並び、天井近くの梁にはドライフラワーや木の枝が飾ってあります。

じつは、お店の裏手から、築50年のアパートに繋がっているのだそうです。
この不思議な空間も、言われてみれば確かに、アパートの廊下と同じ雰囲気。
部屋に入りながら、ここで暮らしていた見知らぬ人々のことをちょっと考えたりしました。

 ふたりで一緒に動く、ヨーガの性格を併せ持つもの

小さくてかわいらしい畳の施術室には、マットと枕が用意されています。
以前受けたことのあるオイルマッサージではベッドを使っていたので、新鮮な感じです。

「タイ古式マッサージは、セラピストと一緒に身体を動かすのが特徴なんですよ」とcayocoさん。
なるほど、寝ている姿勢のままでは終わらないのですね。
後から調べたところでは、タイ古式マッサージは「ふたりで行うヨーガ」と言われることもあるそうです。

施術を始める前に、ここ最近の身体の不調などをcayocoさんに聞いていただきます。
私は、長時間のパソコン利用による肩凝りや背中の張りが目下の悩みごとです。机周りの環境を整えたことで以前より楽にはなったのですが、負担を掛けているのは間違いありません。
ヒアリングの内容からメニューを決めていただき、いざ、タイ古式マッサージ初体験です。

こんな風に動かせるなんて知らなかった!

まずは、仰向けになり、足首をくるくると回してほぐしてもらうところから。
すこしずつ足が動くようになると、次は関節を曲げてもらいながら、様々な姿勢に身体を動かしてゆきます。
cayocoさんが動きを合わせてくれるので、次にどうすれば良いのかも分かりやすいです。

そして、いつもストレッチをするときは身体のどこかが必ず突っ張って痛かったのに、ほとんどそれがない!
これは大きな驚きでした。身体が硬いと大変なんじゃないかと心配していたのですが。

その後も、うつ伏せになったり、あぐらになったり。
仕事で負担の掛かっている肩甲骨や背中周りは、腕を後ろに反らしてもらいながら、念入りにやっていただきました。
自分の身体がこんな風に動かせるなんて知らなかったなぁ、としみじみしていると、あっという間に時間が過ぎてゆきます。もうちょっと長くお願いしてもよかったな。

身体の新たな一面を知る、身近で、やさしいひととき

施術が終わってみると、全身の血行がずいぶん良くなったような気がしました。
温かいお茶をいただきつつ、タイ古式マッサージを終えての感想、今の身体の具合について、cayocoさんとお話をします。

タイ古式マッサージの中で見えた、私の身体の癖について教えていただきつつ、なんと、「ちゃんとご自身の身体を気にかけられていると思います」とのお褒めの言葉までいただいてしまいました。人生で一度も言われたことのないセリフです! びっくりするとともに、なんだか嬉しくなってしまいました。

そう、この身体は、肩こりがちで疲れやすくて痩せっぽちではありますが、それでもなかなか良いものなのです。
「これからも末永く付き合ってゆくために、大事にしないとなぁ」と改めて感じながら、帰路につきました。

みなさんのお身体の具合は、最近、いかがでしょうか。
お元気な方も、ちょっと疲れている方も、ひとつしかない自分の身体をどうぞ労ってあげてください。
そして、ひとりではそれが難しいとき、誰かの手にケアをお願いすることは、身体の新たな一面を知り、その大切さを味わいなおす、やさしいひとときにきっと繋がると思います。

cayocoさんのタイ古式マッサージは、寒い夜に喫茶店で味わうあたたかなお茶のようでした。
肩の力を抜きたいとき、またゆっくりとお願いしたいです。

<SHOP INFORMATION>

◎URL
https://www.instagram.com/h_cayoco/

◎場所
西荻窪、表参道
※指定の日により施術場所が変わります。希望があればお知らせ下さい。
出張の場合別途交通費を頂いています。

<リフレクソロジーとタイ古式マッサージメニュー>
◎リフレクソロジー
60分 6500円 足裏~膝下とふくらはぎと脚のストレッチ

◎タイ古式マッサージ
90分 9000円 からだの辛いところを念入りにし、全身の流れを整えます。

◎のんびりリフレクロソジーとタイ古式マッサージ
120分 12000円 (ベジおやつとお茶付き)
90分のリフレクロソロジーとタイ式マッサージの施術。30分は身体のお話をしながら、お茶と季節のフルーツや野菜を使ったベジおやつもお出しします。
※施術内容はリフレクソロジー、タイ古式のみか、組み合わせにするかを選べます。

◎予約/問い合わせ
thaan.teinei@gmail.comまで
件名に「セラピー予約」と入れて
①お名前
②お電話番号
③希望日とコース(希望日は第3希望まであげて下さい)
④質問などあれば
をお知らせ下さい。
担当 cayoco

☆キャンセルポリシー
ご予約頂いた3日前からキャンセル料を頂きます。
キャンセル料は2,3日前50%、1日前70%、当日100%となります。
何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

お知らせ

心がひとりぼっちになった時、そっと言葉で明かりを灯してくれる本、当店オリジナル、作家小谷ふみ著書「よりそうつきひ」が発売となりました(ご購入はこちらから)。 どこか切なくて、寂しくて、愛しくて、ホッとする。なんでもない一日を胸に焼き付けたくなるようなショートエッセイが束ねられた短編集です。読んでいると大切な人の顔が心に浮かんでくる世界が広がっています。

この記事を書いた人:

non-standard world, Incのフロントエンドエンジニア。よりそう。のエンジニアリングを担当。 言葉のものづくりを愛し、個人でも小説を執筆している。休日の日課は本屋さんと喫茶店のはしご。バックパッカー式の一人旅が趣味だが、海外でも喫茶店に引きこもりがち。
カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ