お知らせ

期間限定イベント「よりそう。食堂」2018年1月・2月のお申込み受付スタート!

こんにちは、店長の大浦です。

11月からスタートした、心が柔らかくなる小さな時間をお届けする、完全予約制のランチ「よりそう。食堂」の2018年1月2月のお申込み受付を開始しました!

この食堂は6月までの期間限定のイベントとなります。毎回定員は10名となっておりますので、気になる方はぜひお早目にお申込みいただければと思います。

お申込みは当店のオンラインショップにて受付けています。こちらよりご覧ください。

テレビ電話でも、リアルでもお迎えします!

福岡で暮らす私は、テレビ電話で参加させていただく予定です。12月の回はPC越しに参加者の方とお話をしたりお互いに自己紹介をしたり。PCの目の前で正座をしながら、ドキドキ緊張しっぱなしだったのですが、みなさんの心開いた言葉に触れることができ、距離はあれども共に想いを重ねることができ嬉しかったです。

今回もPC越しとはなりますが、お客さまと小さなひと時を共有できることを楽しみにしています。

cayocoさんの旅のごはんとiplikanaさんの生菓子

料理を担当してくださるcayocoさんは、食と人をつなぐ旅「food letters」の春夏秋冬の全ての旅を終えました。よりそう。食堂では、各旅で出会った生産者さんのコラボレーションも試してみたいとのこと。どんなお料理を提供してくださるのか、とても楽しみです!

お菓子を担当してくださるiplikanaさんの生菓子は、11月はチーズケーキとマドレーヌ2種。12月はチョコレートケーキとかぼちゃのプディングだったのですが、これはSNS越しに見ながら辛かったです(笑)。ああ、もう食べたくて仕方ないー!!と悶ていました。

普段は焼菓子中心なので、生菓子をいただけるのは本当に貴重な機会なんです!ぜひ一度味わっていただければと思っています。

お客さまに会いたい…!

この食堂をなんのために開いているのか?そう聞かれたら、私は迷いなくこう答えます。

お客さまに会いたいから。

私たちのお店は実店舗をもっているわけではないので、お客さまと関わることができるのはウェブ上のみ。どうしてもお客さまと顔を合わせることができず、もどかしさと歯がゆさとほんのり寂しさがありました。

顔と顔を合わせること。言葉を直接交わすこと。ありがとうを言えること。できるならば手も握りたい!(笑)

こんな小さなお店をなぜ知ったのか、なぜ興味をもってくださったのか、私たちはお客さまのことに興味津々なんです!知りたくて、話したくて、会いたくて。

そしてできることならば、訪れたお客さまに「心が柔らかくなる小さな時間」を体感してほしい。よりそう。食堂の余韻を暮らしに持ち帰ることができるようなひと時を、と。

ああ、なんだか暑苦しい感じになっちゃいましたね(笑)。そんな私の言葉は忘れて、どうかおいしいごはんとスイーツを食べてホッと一息つきに遊びに来てください。

みなさまのご来店をお待ちしております!

 

スタッフのおすすめ

料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。
カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ