よりそうつきひ

香川県高松にある、灯りと雑貨のお店 toucaさんで心掴まれた雑貨たちと、暮らしによりそう本の姿

こんにちは、店長の大浦です。

料理家cayocoさんの食と人をつなぐ旅「food letters」の第二弾、夏の旅は小豆島へ行ってきました。その帰り道、高松で立ち寄ったとあるお店についてご紹介したいと思います。

作家・小谷ふみさんに紹介していただいた
灯りと雑貨のお店 touca」

小豆島の旅を終えた後、高松港までフェリーに乗り、そこから電車で岡山まで移動して新幹線でその日中に帰る予定だった私たち。香川県といえば讃岐うどん。うどんを食べたい気持ちを押し切って、少ない滞在時間を使って向かった先は、「灯りと雑貨のお店 touca(灯火)」さんでした。

実はこちらのお店は、作家・小谷ふみさんにご紹介いただいた場所。小谷さんの著書「やがて森になる」をはじめとして、カレンダーや小冊子等も取り扱いをされているとのこと。それに加え、今回のクラウドファンディングのアンケートにもご協力いただきました。

店主の矢部さんからいただいたメッセージはこちら。

「初めて読んだ小谷さんの作品『やがて森になる』です。
この本を読んだのは2年前。ちょうど子育てに余裕ができ始めたころでした。

私は子育てをしながら、初めて真剣に自分自身と向き合う経験をしました。
それは自分自身の嫌な部分を見つめる苦しい作業でした。
そのころの何とも言えない苦しい感情がいつも胸の奥にありましたが、『やがて森になる』を読みながら、気持ちがすとんと収まり、心が穏やかになるような不思議な感覚がしたことを今でも覚えています。

小谷さんの言葉は心にすっと染み込み、心の中の感情を一つ一つろ過してくれる、私にとってまさに森のような存在です。」

「心の中の感情を一つ一つろ過してくれる、私にとってまさに森のような存在」という言葉はなんとも美しく、思わず深呼吸したくなる空気が。そしてお店も矢部さんご自身もまさにそんな空気を纏った人。

照明雑貨を中心に、本、バッグ、文具、器が並ぶ

お店は灯りをテーマしていることもあり、ランプシェード、キャンドル、テーブルランプを中心とした照明雑貨を中心に、本、バッグ、文具、器などが所狭しと並びます。全て矢部さんの目と心が選んだものばかり、商品のジャンルは違っても統一された世界観が見事につくられていました。

お店に入った途端、スーッと澄んだ空気が心地良く、並んでいる商品はどれも私にとってはツボ。オリジナルブレンドのアイスコーヒーを片手に「どれにしよう、どれにしよう」とお店をグルグル回ってしまうほど(何時間くらいいたんだろう…)。

購入したのはこの四つ!

悩んだ末に決めたのはこちら。一つ目は、灯りの世界にすっかり魅せられてしまい、テーブルランプを購入。昔なつかしいアルコールランプの形に似て、キャンドル液は香りがします。矢部さんおすすめの、虫よけ効果もあるアロマを選びました。

二つ目は、長男がほしい!と選んだ灯台の置物。ちょっとくたびれた感じが味わい深くて、今回の旅は何度も船に乗った思い出も込め、我が家の玄関に飾ることに決めました。

三つ目は、ささたくやさんの本。実はcayocoさんから教えていただき、探していたところだったのでここで出会うことに縁を感じてしまいました。矢部さんいわく「普通のレシピ本として読んだら大違い。ものすごく読み応えありますよ」とのこと。

四つ目は、息子たち用に購入したアンティーク調のガラスのコップ。お値段は確か300円ほど。我が家は、子どもだからといってプラスチックのコップを持たせるよりも、小さな頃からできるだけ良いものに触れさせようという方針。ガラスに厚みがあるので頑丈で、毎日大活躍中です!

雑貨たちの間に並ぶ、本の置き方に心掴まれる

セレクトされている商品のセンスの良さはもちろんのこと、toucaさんの魅力は雑貨たちの間にひっそりと置かれた本の置き方に心を掴まれました。

お店にはブックコーナーがあるわけではなく、お皿の横にレシピ本があったり、キャンドルの横に月に関する書籍があったり、バッグと一緒に絵本が並んでいたり、「お、こんなところに」と思わず手取りたくなる絶妙な本の寄り添い具合なのです。恐らく、これは矢部さんの空間デザインであり、心遣いのようなもの。

本は本棚だけにあるものではなくていい

「本は本棚だけにあるものではなくていいと思うんです。」

いつしか小谷さんから聞いたその言葉を私は思い出しました。すぐ手をのばせるところに、リビングにポンと置かれているのもいい。パラパラ読んでもいいし、思わず読みふけてしまってもいい。

もっと暮らしにぐっと近づいて、本との距離が縮まればいいのに。そしてそんな距離感になれる本を、現在クラウドファンディングで企画をしている「よりそうつきひ」では実現したいと考えています。

クラウドファンディングは9月末までお申込みを受付けています。ぜひこちらのページをチェックしてみてくださいね。

矢部さんをはじめとして、アンケートにご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!その小谷愛、私たちも深く深く共感です!

<Information>

灯りと雑貨のお店 touca(灯火)

住所:高松市塩上町3丁目16-9 1F
電話:087-887-2745
HP:  www.touca.me
open:水・木・金・土+ 第2日曜 10:00 – 17:00

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。