food letters 〜料理家・cayocoさんの食を巡る旅〜

秋は長野県へ!料理家cayocoさんの、食と人をつなぐ旅「food letters」第三弾が始まります!

こんにちは、店長の大浦です。

料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐプロジェクト「food letters」の第三弾、秋の旅が始まります!

今回の行き先は長野県。ついこの間夏の旅を終えたばかりですが、この時期に長野へ向かうのは理由があり、その理由も含めて旅の予定をご紹介したいと想います。

秋のテーマは「食を通じて人が集う場所を訪ねる旅」

秋の旅のテーマは「食を通じて人が集う場所を訪ねる」。cayocoさんはお店をはじめる前から「テーブルの上が豊かな食事を広めたい」という計画をもっていたのだそう。旬のものが揃い、元気な農作物があり、誰が育てたのかを知っていること。普段の私たちの食生活ではなかなか実現が難しいからこそ、そんな当たり前の豊かさがある場所を訪ねたいと考えました。

旅の前半は佐久市の星の坊主さまでファームステイをします。これまでcayocoさんは、星の坊主さまの小城さんの作る新米をいただいて体調が良くなる経験をしたのだとか。

「そのとき頭痛があったのですが、小城さんのお米を食べたら、その痛みがびゅーっと吹き飛んだのです。小城さんて何者なのかな、、と小城さんの農園を見てみたいきっかけにもなりました。」

小城さんの農園見学や畑仕事のお手伝いをしながら、農園の周りで活動をされている、衣食住を豊かに暮らす人たちの元を訪ねる予定です。

旅の後半は、茗荷農園の収穫のお手伝い

旅の後半は阿智村へ移動し、写真担当の浅田さんの音楽仲間でもある森田夫妻の茗荷農園の収穫をお手伝いします。茗荷の収穫をするために、どうしても9月上旬に合わせる必要があった秋の旅。昨年も収穫のお手伝いをされたcayocoさんと浅田さんに、また行きたい理由を尋ねると二人とも顔を合わせて「うーん」と唸り顔。どうやらひと言で表現するのが難しいよう。

毎日代わる代わる人がやってきて、それぞれ自分ができることをやって帰っていく。cayocoさんはひたすら賄い用のごはんをつくる予定。

「なんかいいんですよ、あの空間と時間って」と浅田さん。「お手伝いにくる人達は普段は土に全く触れていない人も多く、この茗荷の収穫体験を得てそれぞれに学び、気付きがあるような気がしています。」とcayocoさん。

そしてニヤリと笑いながら「何が起きるかはわかりません」と加える浅田さん(どういう意味ですか!)。どんな人に出会えるのか、どんな料理が生まれるのか、全ては旅が始まってからのお楽しみのようです。

 

食の豊かさを再発見できる旅にしたい

佐久市と阿智村。どちらもその場所には、たくさんの人が集まってくる。食を介して人が集う場所というのは、いったいどんな場所なのでしょうか。

food lettersの旅をはじめた当初からcayocoさんの根底にある想いは「食の力を信じて、人が心豊かに暮らせることを伝えたい」。その想いを伝えるために、食の豊かさを再発見できる旅にしたいと思っています。

今回もこれまで同様に旅の様子をTwitter中継でお届けする予定です。当店のTwitterアカウントにて、「#foodletters」というハッシュタグを付け、昨日から投稿が始まっています。ぜひこちらも楽しみに待っていてくださいね。

私はcayocoさんたちと落ち合うために、新宿のバスタを出発して佐久市まで向かうところです!それではいざ出発〜!!

スタッフのおすすめ

料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ