food letters

醤油、塩、オリーブオイルの生産地へ。料理家cayocoさんの小豆島の旅のルートをご紹介。

こんにちは、店長の大浦です。

料理家cayocoさんの旅とレシピを本にするプロジェクト「food letters」の夏の旅がいよいよ本日からスタートし、私たちは小豆島へ向かっています。今日は旅のルートを簡単にご紹介したいと思います。

フェリーに乗って、いざ小豆島!

そもそも、みなさん小豆島ってどの当たりにあるかご存知ですか?実は私も旅が始まる前までは「何県だっけ…」と言うほどピンときていなかったのですが、小豆島は香川県北部にある、瀬戸内海に浮かぶ島です。

瀬戸内海では淡路島に次ぐ二番目に大きな島とのこと。本州や四国とは橋で繋がっていないため、フェリーを使って島へ入ります。

醤油、塩、オリーブオイルの生産地を訪ねながら

今回、私たちは神戸から小豆島へ向かい、そこでcayocoさんたちと落ち合い、3泊4日の旅を共に歩みます。

1日目はオリーブの有機栽培をされている山田オリーブ園さんの農園へ。2日目は昔ながらの醤油づくりをされているヤマロク醤油さんの「天然もろみ蔵」の見学。3日目は、島での塩づくりを40年ぶりに復活させたという塩屋波花堂さんの元へ。

醤油、塩、オリーブオイルを使って、cayocoさんがどんな料理や保存食を作るのか、今から楽しみです!

実は子連れの大移動だけれども…

実はこの旅、food lettersだけでなく他の案件も含めているため、私たち家族は一週間福岡を離れることになります。そうなんです、つまりは子どもを連れての大移動!!

取材中の子育て担当は、イクメン高崎(当店代表、私の夫)出動です。母さんはバリバリ働かせてもらいます。息子たちには、そんな母の背中を見せたいなあと。淋しがってぐずりそうな予感満載ですが、それも楽しい思い出にできますように。

東京以外の場所へ一週間も旅をするのは、我が家にとってはじめてのチャレンジなので、ドキドキが半分以上を締めていますが、旅の空気感をしっかりとみなさまへお伝えできるよう、五感を思いっきり開いて吸収していきたいと思っています。

みなさまも一緒に旅をしているような臨場感をお届けするため、当店のTwitterにて実況中継が本日からスタートしています。旅の報告をぜひ楽しみに待っていてくださいね。

写真引用元:小豆島旅ナビ

おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。