よりそうつきひ

心をちょっと休めたいときに。作家・小谷ふみさんの言葉を日々お届けします。

こんにちは。スタッフの小栗です。

当店で連載をしてくださっている、作家・小谷ふみさんの「ことば集め」を、本日よりスタートします。

「ことば集め」とは

現在、小谷さんの書籍出版に向けたクラウドファンティング「小谷ふみ言葉の基金」に挑戦中の私たち。小谷さんの言葉の魅力をみなさまにお伝えしたいという思いから、今回の「ことば集め」を企画しました。これまでの小谷さんの作品から特に心に響く言葉をピックアップして、当店のTwitterFacebookでご紹介します。

小谷さんの作品を読むと、当たり前と思っていたことが生き生きと感じられるようになったり、心がそっとやさしさに包まれたり、子どもの時の楽しい記憶を思い出したり。朝の通勤の時間や、ちょっと心を休めたいとき、ぜひ小谷さんのことば集めを見てみてください。今日から毎朝、当店のTwitterFacebookでみなさまの元に言葉をお届け致しますので、もしいいな、と思っていただけたら、ご登録をお願いします。

第三者のコメントを付け加えたりはせず、小谷さんの言葉だけをお届けしますので、ほっと浮かび上がってくる自分だけの情景や気持ちを、じっくりと味わってみてくださいね。

小谷さんの言葉の魅力と、浮かんできた物語

今日は参考までに、私が心惹かれた小谷さんの言葉と、それを読んだ時に感じたことをご紹介したいと思います。

【おやすみの前に】「わざわざ書き残すほどのことじゃないこと」 の繰り返しで、 毎日はできている。

今回新しくした携帯電話はちょっと便利で新機能。 書きたいことを、書きたい時に、 ひょいと電波という風に乗せる手助けをしてくれる。

普段意識せず、当たり前のように使っているインターネットが、全く違うもののように思えました。インターネットという無機質なものが、風に乗せる手助けをしてくれると考えると、なんだかインターネットに「いつもありがとう」と伝えたい気持ちに。

 

【おやすみの前に】心がギュッと、抱きしめたくなるものがある。

心がギュッと、抱きしめたくなるものがある。  カンカンにしっかり詰めて、 がっしゃん、がっしゃん。 大きくゆったり歩いてゆく。

私が子どものとき、アルミ缶に手紙や拾った葉っぱを詰めていたことを思い出しました。その缶には、自分の好きなものが、なんの照れ隠しもなく入っていたような気がします。いつのまにか、周りの声をベースに「好き」を選ぶことも多くなってきた私は、はっとさせられました。自分の大切なものを、大切にして良い。心の中に詰めて、これからも前を向いて歩いていこう。そんな小さな勇気をいただきました。

 

【となりあう日々】草木の小道にも、 人の心の小道にも、 春夏秋冬がある。第5回「葉っぱのひとり言」

「ええ!買いますよ!」と慌てる夫。 「いいんだよ、持ってって!こいつはギャングだからね!強いよ!」

小谷さんの作品の登場人物は、決まっていつもチャーミングで魅力的。彼らが小谷さんにかけた言葉が、まるで自分もそう言われたかのようにすっと入ってきて、なんだか人の温かさに嬉しい気持ちになるのです。

 

【となりあう日々】誰もみな、日々の約束の果て、 いつかは同じ、約束の世界にかえる。最終回「約束の世界」

秋の終わり、冬のはじまりは、私たちが出会った季節だった。
誰もいない夕暮れの保育園の園庭で名前を呼ばれた。
振り返ると、彼女が連絡先を書いたメモを持って立っていた。
薄明るい夜空に、気の早い星がひとつ輝いていた。

“薄明るい夜空に、気の早い星がひとつ輝いていた。” この一文が大好きです。“気の早い星”に込められた小谷さんの思いに気づいたとき、時が一瞬止まりました。これはぜひ、本文を読んでいただきたいと思います。

 

みなさまの物語もお聞かせください

同じ作品を読んでも、その先に広がる物語は人の数だけあるもの。もし、「こんな景色が浮かんできたよ」「こんな気持ちになりました」といったことがありましたら、ぜひ当店のTwitterFacebookや、下にあります「記事への感想を送る」から聞かせていただけますと、とても嬉しいです。みなさまの物語、お待ちしています。

 

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。のスタッフ。お店のSNSを担当。 数年ごとに住みかを変える転勤族。いつか森の湖畔にある、小さな家に住むのが夢。InstagramやPinterestで、素敵な画像を集めるのが趣味。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。