ノンスタカフェ

ノンスタカフェ第6回「好きを仕事にするママワーカー」

(7月2日21時50分追記:日程に誤りがありました。(誤)7月22日→(正)7月29日。お詫びするとともに、訂正いたします。)

non-standard worldでは「ノンスタカフェ」と題しまして、飲み会と勉強会の中間のような形で、肩肘張らずに一つのテーマについて考える会を開いています。第6回目となる今回のテーマは「“好きを仕事にする”ママワーカー」。ノンスタカフェ初のゲストをお招きしての対談あり、日曜昼間開催、子連れ可、場所は堀之内のカフェ百音、司会は大浦、と初めてづくしを予定しています。
私自身、会社を退職してから出産し、1年間の育児を経てどのように働きたいか考えていく中、ママになった女性にとってもっと多様な働き方が社会にあってもいいのでは、と感じていました。正社員で復職している友人や、会社を退職して子育て100%になっている友人の話を聞いていて、子どもともっと一緒にいたい!好きな仕事をしたい!少しでもお金を稼ぎたい!家事も育児も仕事もまわらない!(笑)など、同じような悩みをもっているママたちがたくさんいることがわかりました。今回はそんなママたち(パパたちもぜひ!)と一緒に、どんな働き方、生き方ができるかをお話したいと思っています。

そしてノンスタカフェ初のゲストは、まさに“好きを仕事にしている”ママワーカーのお二人をお招きする予定です。

?ゲスト

木戸のぶこ

国際基督教大学(ICU)教養学部卒業。東京大学人文社会系研究科修士課程修了。高校時代の1年間、アメリカ(ハワイ)の現地校に通い、ホストファミリーを通してアメリカの子育て、夫婦関係を垣間見る。大学時代にはロンドン留学、N.Y.の映画製作プロダクションで2ヶ月インターンとして過ごす。2011年より、ベビーヨガ、ベビーマッサージ、カラーセラピー等を体験できる教室「7seasnons」を開く。3児の母。子育てをしながら、現在も研究を続ける。

寺田由利加

国際基督教大学卒業。長野県蓼科の大自然の中でホテル経営をする両親のもとで幼少期を過ごす。15歳からオーストラリア・メルボルンに単身留学。帰国後インターナショナルスクールで学ぶ。大学卒業後フリーランスの通訳として活動した後、2008年4月葉山・一色に天皇家侍医の別邸として建築された築80年の古民家を修復してengawa cafe & restaurantをオープンさせる。現在子育てをしながら同店のオーナーシェフとして、こころとからだに美味しいものと安らげる空間で、少しでも多くの方に笑顔になっていただけることをめざし日々精進している。

こんな方に向けて

  • 結婚しても、子ども産んでも、自分の「好き」を仕事にしたい人
  • 育児と仕事のバランスに悩んでる人
  • 会社に雇われない働き方を探している人
  • ママでもなく、妻でもなく、一人のヒトとして社会と関わりたい人

今回は予約制、定員あり(8組)とさせていただきます。今回場所をお借りするカフェ百音のごはんは、本当においしくて優しくて心があたたまります。カフェの空間も子どもも大人もほっとできるような場所です。小さなお子さんがごろりんできる畳席もありますので、お子様連れでも安心してお越しください。すぐ隣は公園なので、パパにお子様を遊ばせてもらいつつ、、なんてのもありです。ご予約はFacebook、もしくは、[email protected]までご連絡をお願いします。

詳細

日時 2012年7月29日(日) 開場:10:30 開始:11:00 終了:13:30
場所 カフェ百音
内容 第1部「好きを仕事にするママワーカー」について対談(約1時間)
第2部 お昼ご飯を食べながら自由な議論(約1時間)
参加費 2000円 百音ごはん(お茶、スイーツ付きのビュッフェスタイルです)
ご予約はFacebook、もしくは、[email protected][email protected]お子様のお名前と年齢もお願いします。
その他
  • 当日の様子の写真を、後日インターネットで公開される可能性があります。あらかじめご了承ください。

ご不明な点はコメント欄かこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。お店へのお問い合わせはご遠慮ください。


おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。