メンバー日記

福岡県福津市の大峰山のふもと「ソラトカフェ」で寝転んで空を見上げるひと時を

こんにちは、店長の大浦です。

6月に入ったある晴れた日、我が家から徒歩1分の場所に、ご近所さんが営む小さなカフェがオープンしました。その名は「ソラトカフェ」

寝転んで空を見上げるカフェ

このお店の魅力はなんといっても、寝転んで空を見上げることができるということ。お店の二階のテラスにはベンチが置いてあり、コーヒー片手に寝転んで空を見上げることができます。

遠くに海を眺め、肌で光と風を受けとめながら、耳に響くには鳥のさえずり。そんな場所で、丁寧に作られた自家製のサンドイッチやジンジャーエール、自家焙煎のコーヒーなどがいただけます。

テラスでごろん。忘れていた心地良さ。

今回、ソラトカフェのウェブ制作を依頼された私たちは、サイトのコンテンツ制作のためインタビューと撮影をさせていただきました。

出来上がったばかりのカフェを訪れた時、オーナーの高石さん夫妻から言われたのは、こんな一言。「よかったらテラスでごろんしてきてください。気持ちが良いですよ。」

テラスでごろん。なんて無防備で甘やかな言葉なんだろうとドキドキしながら階段を登り、ベンチに寝転んで空を見上げた時、自分でも驚くくらいに心がスコーンと解放されていきました。

「きっもちいい〜〜!!!」

涙が出そうなくらい、どこか懐かしいこの感覚。足を止めて空を見上げるのとは比べものにならないくらいに気持ちが良かったのです。

人生には、寝転んで空を見上げるひと時が必要

そしてこの心地良さ、どこかに忘れてきていたのかもしれないと思ったのです。きっと大人と呼ばれる道を歩み始める前は、もっと当たり前にごろんと空を見上げていたのかもしれない。

人生には、寝転んで空を見上げるひと時が必要。そう、私は強く確信しました。あなどるなかれ、ごろん、です。

心も体もゆるゆると、見上げた空に溶けていく

撮影の日はこのテラスで、出来たてのサンドイッチとアイスコーヒ、フルーツパフェをいただきました。青空の下、お日様を浴びながらいただくごはんというのは、何にも代えがたい贅沢さがありますね。

「隠し味はありません」というカフェの文句のとおり、素材の味が優しく伝わってくる丁寧につくられたごはん。「なるべく体にいいものを。でもなるべく、でいいんです。」

そう話す高石さん夫妻の肩の力が抜けた自然体の姿が伝わってくる、ほっとする味。心も体もゆるゆると、見上げた空に溶けていくよう。

お天気の日だけオープンするカフェ

ソラトカフェは、お天気の日だけオープンするカフェです。福津市周辺にお住まいの方は、窓を開けて青空の日には、ぜひ足を運んでみてくださいね。もしかすると、私たち家族とばったり出会ってしまうかもしれません。その時は、一緒に空を見上げてごろんしましょう!

<Information>

ソラトカフェ

HP:http://sorato.cafe/

住所:福岡県福津市渡1548-2

電話番号:0940-72-6223

営業時間:午前11時30分 ~ 午後3時まで (売り切れ次第終了します)

定休日:雨天および風の強い日
*その他、受注商品製造の都合でお休みする場合あり。
店休日はInstagramで発信しているので、天気が悪い場合は事前のチェックをおすすめします。

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。