メンバー日記

からだのケア手当を使って、スウェディッシュマッサージセラピーへ行ってきました。

こんにちは、店長の大浦です。

先月のGWのこと。出張と帰省を兼ねた東京滞在中に、当店の社内制度「からだのケア手当」を使って、鎌倉のラ・プレザンスへ行ってきました。

人生はじめての、全身オイルマッサージ。若干緊張しながらも、特集「心のために、身体を整えることから始めよう」にご協力いただいた、セラピストの山辺まきさんにお会いできることを楽しみに、観光客で賑わう鎌倉駅に一人降り立ちました。

どこかホッとする懐かしさを感じる古民家

ラ・プレザンスは鎌倉駅から歩いて15分ほど、鶴岡八幡宮のすぐ近く。小道を入った住宅街の中にある「燕カフェ」の2階です。元々民家だという木造の家屋を利用したこの建物は、どこかホッとする懐かしさが漂っていました。

窓の向こうは山が見え、夜は真っ暗で「本当に静か!」と山辺さん。鎌倉は外国人や修学旅行生で溢れる観光地というイメージですが、こんな静かな場所があったとは発見でした。

第一印象で選んでもらった4種類のオイル

ヒアリングシートを書き込んだあとは、山辺さんが3〜4種類のオイルをブレンディングして提案してくれます。私が決めたのは、山辺さんが第一印象で選んでくださったという、ローマンカモミール、プチグレン、ベルガモット、ユーカリの4種類。

「花はかわいいけど根っこは強いカモミール。プチグレンは葉、ベルガモットは実の部分。まいちゃん(私の下の名)は健司くん(当店代表)の奥さんとして出会ったから、ファミリーの象徴のような気がしたから。」

山辺さんは元々、当店代表の高崎の大学時代の友人。私は結婚後に出会ったので、そんな印象があったのか、セレクトの理由をお聞きすると、頭に想い描いてもらったこと自体が嬉しく、この香りが愛しく思えてきます。

これまで味わったことのない種類の気持ち良さ

まずは足裏のマッサージから。ちょっと痛い部分があったのですが、後から話を聞くと胃腸の部分だとか。小さい頃から体調を崩すとおなかにくる体質が、足の裏でわかるとは!足つぼはなんとも奥深い世界です。

その後は足、腕、背中、頭…と全身をマッサージしてもらうのですが、途中から私は完全に違う次元の世界へ旅立ってしまいました。

身体の全細胞が、夢と現実の中間をふわふわと漂って、普段より数ミリ宙に浮かんでいる感覚。

温泉のホッとする感覚とは違う、コンサートで音に包まれる心地良さとも違う、これまで味わったことのない種類の気持ち良さ。

身体をケアすることは、優しい心と暮らしをつくる

施術を終えた後は、山辺さんから簡単にできるヨガを2種類教えていただきました。自分自身では気が付かなかった、身体の癖やコリのこと。「そうだったんだ。」と気づきをもらい、普段の暮らしでも試しています。

サロンからの帰り道、劇的に何かが変わった!というわけではないのですが、翌日の身体の軽さは明らかに普段と違いました。

「あら、なんか柔らかい。」

身体が軽くて柔らかいと、心も自然と柔かくなる。身体をケアすることは、優しい心と暮らしをつくる一つの方法であることに間違いないと確信しました。

身体と心のケア。この先もいろいろな方向から見つめていきたいと思います。

<SHOP INFORMATION>

La Présence(ラ・プレザンス)

◎URL
https://la-presence.xyz/
◎住所
神奈川県鎌倉市小町3-2-27 (鎌倉駅東口より徒歩10分)
※鎌倉駅または和田塚駅から徒歩15分圏内のご自宅やゲストハウス等への出張サービス有り。
◎open
月                 11:00〜20:00
木・金・日 19:30〜21:30
土     18:30〜21:30
◎予約/問い合わせ
[email protected]


おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。