food letters 〜料理家・cayocoさんの食を巡る旅〜

【food letters|春・福岡編】第6話 料理はこんなにも人の心を伝えてくれる。

料理家cayocoさんの食を人をつなぐ旅「food letters」春・福岡編、前回までの話はこちら

食べた人がどうやったら喜んでくれるか、
そのことを心の片隅に置いて

旅でお世話になった人を招く夕食会の準備の日の夕方。台所では、ブロッコリーと甲イカの炊き込みご飯のガス釜のスイッチが入り、フリッター用に里芋を潰したり、土鍋では昨日絞めてもらったばかりの鶏肉がコトコト。cayocoさんは黙々と、着々と夕食会の準備を進めていきます。

そこへ、アテンドの角さんが開く部活動の中学生が夕食会のお手伝いをするため、ひとり、またひとりとやってきました。

次第に賑やかになる家の中。はじけそうなくらい元気な笑い声で、夕方のひんやりとした空気も熱気に変わっていくほど。

お手伝いしてくれるのは、中学一年生のりなちゃん、あやかちゃん、ひびきくん、かずまくんの四人。

料理の準備についてcayocoさんから彼らに伝えられたのは、こんな言葉。

「一番大事なのは、食べた人がどうやったら喜んでくれるか、そのことを心の片隅に置いて作ってください。」

「なんで料理しよー時、愚痴りよるん?」

西日が射す縁側で、大きな声で笑い転げながら手伝いをする中学生たち。ブロッコリーと甲イカの炊き込みご飯が出来上がり、おむすびを握るようcayocoさんから頼まれました。

つまみ食いをしながら熱々のおむすびを握る中学生は、おしゃべりをしながらいつの間にか友だちの噂話を。ちょっと陰口にも聞こえるその内容に、突然一人の中学生が口を開きました。

「なんで料理しよー時、愚痴りよるん?料理にうつろーが!」

ピタっと止まる他の三人。突然、彼らにカメラを向けていた旅の写真担当である浅田さんが、この旅一番の真剣な面持ちで力強くこう語り始めました。

「そうなんです!いつも料理をする時、cayocoさんが言っていることです。昔cayocoさんは『バカヤロー!』って言いながら握ったおむすびと『ありがとう』って言いながら握ったおむすびを作って、味が違うか実験をしたことがあるんです。その時、味が全く違ったって言っていました。」

肯定すること、ゆるすこと、受け入れること

台所で他の準備をしていたcayocoさんは、出来上がったおむすびたちを眺めて、穏やかに笑いながらこう言いました。

「いろんな主張、いろんな言葉。お話しながら、おしゃべりが伝わってくるおむすびですね。」

子どもたちと浅田さんのやり取りは、耳に入っていたかはわかりません。けれど、ふふふ、と笑うその顔は、どんな言葉も姿勢も受けとめてくれる、cayocoさんの生きる姿そのもので、なんだか私は泣きたくなるような、優しさに包み込まれた気持ちに。

肯定すること、ゆるすこと、受け入れること。お店で日々ごはんをつくりながら、その心をcayocoさんは誰かに渡しているのかもしれません。

だから「なんだかホッとする」。cayocoさんのごはんを食べた人は、そう言うのかも、と。

料理はこんなにも人の心を伝えてくれる。こんなにも伝わってしまう。
ああ、なんてシンプルなんだろう。

畑から摘んできた菜の花、庭に咲いていたカラスノエンドウなど、色鮮やかな野草で飾られると、一段と美味しそうにみえる料理たち。彩り豊かなごはんが、誇らしげな顔でテーブルに並び始めました。

時計の針は18時半。「こんばんはー。」遠くで聞こえたその声の元へ、cayocoさんは小走りで向かいます。

写真:浅田剛司

つづく

スタッフのおすすめ

ホっとしたい時にぴったり。ほどよい甘さにからだが喜ぶ、歌うお菓子屋「iplikana」さんのクッキー販売中!詳しくは、こちら


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。