わたしをつくるもの

「得られないこと 失くすことにも 命は宿る」第1回 わたしをつくるもの

「わたし」とは
得たもの
得てきたものよりも多く

手に入れなかったもの
手に入れられなかったもの

そして
失ったもので
できている

手に入れなかった恋
抱きしめ損ねた夢
遠くかすんだ自由

得られないこと
失くすことにも
命は宿る

それが分かるのは
いつも
後になってから

その時は
気がつかなくても

その姿は
見えなくとも

私の世界を彩る景色となる

flower:つぐみ
photo:Takao Minamidate
撮影協力:toneri

つづく

お知らせ

心がひとりぼっちになった時、そっと言葉で明かりを灯してくれる本、当店オリジナル、作家小谷ふみ著書「よりそうつきひ」が発売となりました(ご購入はこちらから)。 どこか切なくて、寂しくて、愛しくて、ホッとする。なんでもない一日を胸に焼き付けたくなるようなショートエッセイが束ねられた短編集です。読んでいると大切な人の顔が心に浮かんでくる世界が広がっています。

この記事を書いた人:

もの書き。夫と息子とリクガメと、川沿いの丘の上で暮らす。 日常や世界、音楽や時間を、詩・エッセイ・翻訳にのせて。 代表作「やがて森になる」「月の光」。カレンダー「言葉なきものたちの12ヶ月」 他『扉の言葉』を書いたり、『名まえ』をつけたり。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ