food letters

【food letters|春・福岡編】第3話 旅先で心に沁み渡る、一日が穏やかに終わることの尊さ。

料理家cayocoさんの食を人をつなぐ旅「food letters」春・福岡編、第一話はこちら

一年中、食が豊かな津屋崎で伝わる保存食とは

畑を後にした私たちが向かったのは、国の有形文化財にも登録されている、藍の家という津屋崎のシンボルでもあり案内所とも呼べる場所。

そこでお話を伺ったのは、藍の家保存会のメンバーのお一人、大賀さん。津屋崎の保存食について伺うと、「ここは一年中なんでもあるから、保存食を知らなくてもいいんですよ。」と前置きをしながらも、民族資料集を片手に食にまつわる昔話をたっぷりと聞かせてくださいました。

cayocoさんが興味深くメモをとっていたのは、福岡の郷土料理すいだぶとだいだい(柑橘類の一種)のポン酢。津屋崎では時期になると、大量に収穫できるだいだいをまとめて三杯酢にして冷凍するとのこと。使う度に、醤油と合わせて新鮮な手作りポン酢をいただくのだそう。

「私はプラスチックはいや。瓶でなきゃだめです。絶対に瓶です。」そう力強く、瓶でつくることを強調する大賀さん。

どうやらだいだいポン酢は、食が豊かな津屋崎では数少ない、この土地に伝わる保存食の一つのよう。

津屋崎の家庭に伝わっていた保存食

「そういえば、ばあちゃんの庭にだいだいがまだあったらから取りに行きますか?」

角さんからそんな提案をいただき、藍の家でお話を伺った後は、そのまま歩いて角さんのお祖母ちゃんの庭へ向かいます。

干潟に面した角さんのお祖母ちゃんの家は、目の前に大きな空が広がる気持ちの良い景色。だいだいポン酢について聞いてみると「さあ、覚えてないねえ」と困り顔。ところがすぐさま「ああ、思い出した!瓶で作ってたわ!」とお祖母ちゃん。

「やっぱり瓶なんだ!」と先程の大賀さんのお話にも繋がり、嬉しく盛り上がる私たち。瓶につくるだいだいポン酢。それが津屋崎の家庭に伝わっていた保存食であることは間違いなさそうです。

旅先で出会う誰かの日常とは、どうしてこんなにも美しいのか

背丈の低いだいだいの木を見て「かわいい」とcayocoさん。お祖母ちゃんの畑には、ふさふさとしたきんさいが並んでいました。一口味見をさせてもらうと、香りが豊かで優しい味が。

オレンジ色に深い赤みを足したような橙色の、立派なその実を手にした私たちは、夜ごはんの支度をすべく浜の家へ戻ります。帰り際、お礼とさよならを伝えると水撒きをしながら手を振るお祖母ちゃん。

「かわいい。」「うん、かわいいですね。」

駆け足で夜へ向かっていく薄紫色の夕空の下、その姿は神聖なほどに穏やかで、見ている私たちの心をゆるりと解いてくれるようでした。

今日も一日が穏やかに終わる。そのことの、尊さが心にじんわりと沁み渡る。旅先で出会う誰かの日常とは、どうしてこんなにも美しいのでしょう。

写真:浅田剛司

<つづく・5/23公開>


お知らせ

料理人cayocoさんの保存食をバトンに土地を人をつなぐ旅「food letters」は、春夏秋冬の旅を終えた後、物語とレシピを一冊の本にまとめます(来年6月頃出版予定)。現在、本の先行予約を東京都・西荻窪「ていねいに、」店頭にて2017年5月末まで受付けておりますので、ぜひ応援よろしくお願いします! なお、書籍版の内容はウェブ版とは異なりますので、サイトで語られていない物語を味わっていただけます。cayocoさんが伝えるレシピと共に楽しみに待っていてくださいね。

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。