food letters 〜料理家・cayocoさんの食を巡る旅〜

food letters第一弾、人との出会いを味わう、津屋崎の旅が始まりました!

こんにちは、店長の大浦です。

西荻窪「ていねいに、」の料理家cayocoさんの、旅とレシピを本にするプロジェクト「food letters」の第一弾、春の旅がいよいよ始まりました!

旅の様子は、本としても、当店の記事としてもお届けする予定ですが、内容について少しだけご紹介させていただきます。

福岡の小さな港町・津屋崎の旅のテーマは「人との出会いを味わう旅」

津屋崎の旅の特徴は、なんといっても「ライブ感」。実は、旅のスケジュールの詳細は決まっていません。町歩きをしながら出会った人たちの繋がりで、津屋崎の食にも出会っていくという流れです。

旅の案内人となっていただく、三粒の種の角さんと木村さんと打ち合わせをした時、実はお二人は農家さんとも漁師さんともたくさんのネットワークをもっていることがわかりました。

その中から数人の農家さんと漁師さんを紹介していただくことも可能だったのですが、「津屋崎だからこそ味わえるものとはなんだろう」と考えたとき、「人との出会い」という答えに辿り着いたのです。

ばったり人と出会うことの面白さ、豊かさ

津屋崎へ移住する前、私は旅人としてこの町を何度も訪れました。なぜこの町が好きになったのか、住みたいと思ったのか。その理由の一つは「人とばったり出会って、何かが生まれる」という体験を味わってきたからだと感じています。

例えば、息子とレンタサイクルでパン屋で買い物をしていると、ばったり知り合いに出会い、海で一緒に食べようということになったり。

津屋崎の氏神様である波折神社で参拝していると、ばったり漁師さんと出会い、翌日の朝市で魚を捌いてもらい、その場でいただく機会があったり。

人は、ばったり誰かと出会うと、約束をして会うのとは違う心の動き方をするように思います。そしてお互いにより深く心を通わすことができるようにも思うのです。

よそから来た人たちを受け入れてくれる土壌があるから

津屋崎で暮らす人は「人好き」な人たちが多いと私は感じています。移住者も旅人も、よそから来た人たちを「寄ってきんしゃい」と受け入れてくれる土壌がある。だからこそ実現できる、アポなしドキュメンタリー形式の旅。

cayocoさんは、津屋崎でどんな人と出会うのか、どんなことを感じるのか、どんなごはんを作るのか。そもそも食材との出会いまで無事にたどり着けるのか…!

正直、ドキドキ感もありますが、楽譜のないジャズのセッションのような面白さを皆様にお届けしたいと思っています。

そんな旅の実況中継を、当店のTwitterアカウントにて、「#foodletters」というハッシュタグを付け、投稿をしています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。


▶旅の実況中継のフォローはこちらから。

 

スタッフのおすすめ

料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ