food letters 〜料理家・cayocoさんの食を巡る旅〜

料理家cayocoさんの旅の原点、ポーランドの自然体な生き方から学んだこととは。

こんにちは、店長の大浦です。

西荻窪「ていねいに、」の料理家cayocoさんの旅とレシピを本にするプロジェクト「food letters」について、今日はこの企画の原点とも呼べるcayocoさんのポーランドの旅をご紹介したいと思います。

ポーランドの旅の始まりは、cayocoさんが西荻窪で知り合った、アート系作家さんのセレクトショップ「a small shop」の文音さんのお誘いから。

文音さんはお店のイベントで、ポーランドの写真家Zosiaさんに出会いすぐに意気投合。その後、ポーランドの作家さんの商品を取り扱っていたそうですが、メールでやり取りをするうちに、その二人に会いたくなったそう。そこでcayocoさんにも声をかけ、Zosiaさんの案内でその作家さんを訪れる旅に出ることを決めました。今から2年前の秋のことです。

ポーランドの普段の生活を体験する旅

旅の案内人Zosiaさんが暮らすのはグダンスクという街。そこでは、いわゆる“観光”をするのではなく、普段の暮らしを見せてもらったそうです。例えば、Zosiaさんのご両親が営む田舎の小さな小学校へ案内してもらい、急遽歌を教えることになったり、おじいちゃんのお見舞いのために病院へ行ったり、お気に入りの海を見せてもらったり。

「普段の生活を体験できたことが、日本との違いと共通点を感じられて充実した旅になりました。」とcayocoさんは振り返ります。

一番美味しかったのは、お母さんのつくるごはん

ポーランドで出会った食の風景は、cayocoさんの心を大きく揺り動かしたそうです。中でも一番美味しかったのは、Zosiaのお母さんが作るごはんだと言います。

ポーランドでは一日4食、食べる習慣があるのだそう。その度に、振る舞ってくれるZosiaさんのお母さんのごはんはどれも絶品だったとのこと。「お母さんが作ったカッテージチーズにラズベリーのジャムをパンにのせて食べたり、たかきびが入ったロールキャベツにスープ。夜ごはんにいただいた、ザワークラウトとソーセージをトマトで煮た旨味たっぷりの煮物が本当に今でも忘れられない味です。」

そこには、お客さまをもてなすお母さんの心がしっかりと見えてくるようで、味わったことのない料理のはずなのに、聞いているだけであたたかな気持ちになります。

この旅は、cayocoさんが料理を生業にしてからはじめての海外旅行だったため、知らない土地の食をしっかりと見つめながら味わう時間をたっぷりと過ごしたようです。

自然体なポーランド人の姿から学んだこと

ポーランドの旅を終えた後、cayocoさんの仕事や気持ちにどんな変化があったのかお聞きしたところ、こんな答えが返ってきました。

旅で感じたのは、ポーランドの人たちの自然体な姿です。空港や駅や、大衆食堂の店員さんに、笑顔をみた記憶があまりありません。オーダーする時も、切符を買う時も、愛想笑顔すらなかったのですが、私には、それが自然体に見えてとても心地よく感じました。」

そしてcayocoさん自身も、もっと自然体でいいのかも、と肩の力が抜けたそうです。笑いたい時に笑い、笑いたくない時は無理に笑わなくていい、と。がんばり過ぎない、無理をし過ぎない姿というのは、周りと自分に寛容になることでもあり、一つの優しさの形にも見えます。

帰国後は、ポーランドの味を伝える場づくりを

帰国後すぐに、cayocoさんはポーランドで食べたものを日本の食材でアレンジしてお店で提供したり、お食事付きの旅のお話会を開催しました。旅で持ち帰ってきたものを伝える楽しさを感じたcayocoさんは、もっといろいろな土地、食材、人に出会いたいと想いがより一層膨らんだと言います。

「今思うと、『知ること・食べること・つなぐこと』の旅の始まりとも言える、素晴らしい旅でした。」

3月からスタートするfood lettersの旅でも、きっとcayocoさんは出会いの中から発見と吸収を繰り返して、そのバトンをまた誰かにつないでいくのだろうと思います。

そして私たちと共に、食の力を伝える小さな担い手になってくれる旅の仲間をクラウドファンディングで募集しています。優しいこころとくらしは、食べるを見つめることから始まるはず。みなさまの応援をお待ちしています!

写真提供:Zosia Bobrowska

スタッフのおすすめ

料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ