food letters

心が大きく踊る、彩り豊かな料理家cayocoさんのごはん

こんにちは、店長の大浦です。

西荻窪「ていねいに、」の料理家cayocoさんの旅とレシピを本にするプロジェクト「food letters」。cayocoさんのごはんを味わったことのない方にもぜひ知っていただきたい、見た目も楽しませてくれる色鮮やかなごはんについて今日はご紹介したいと思います。

cayocoさんは普段、「ていねいに、」にて朝ごはんと昼ごはんを作っていますが、それ以外にもケータリングやイベント等でも活動をされています。cayocoさんのお料理は、ホッとさせてくれる優しい味はもちろんのこと、目に映る盛り付けの豊かな彩りを通しても人の心を柔かくする力をもっています。

落ち葉や稲穂も飾りながら
実りの秋をイメージしたパーティ

実は私たちのお店の運営会社non-standard worldの設立パーティで、cayocoさんにケータリングをお願いしたことがありました。実りの秋をイメージしたごはんたちは、落ち葉や稲穂が飾られたり(食べることもできるんです!)、お客さまからも「わ〜!きれい!」と喜ぶ声が聞こえてきました。お料理は全てベジ仕様で、以外な食材の一面を知ることもでき、cayocoさんのごはんの力で笑顔が溢れたパーティになりました。

ここから元気に巣立っていけるよう想いを込めた
鳥の巣をイメージしたごはん

こちらは、cayocoさんの旅レシピ本のクラウドファンディングの応援メッセージもいただいたヨガスタジオnidaさんのオープニングパーティのごはん。nidaとは「鳥の巣」という意味だそうで、誰でもこの場所で羽を休め、また元気に巣立っていけるようにという想いが、お料理にも込められています。

鳥の巣をイメージしたお料理は、カボチャの一口グラタン、白ゴーヤの肉詰め風。おむすび。採れたて卵のサラダが詰まっているのだそう。cayocoさんの想像力と創造力がお料理からキラキラと輝いて伝わってきます。

外国の方へ向けた、和を感じる盛り付け

オーストラリアのオイルの会社Fandler(ファンドラー)のオイルを使ったレシピを作ったという、こちらのお料理。外国の方に喜んで頂けるように、和を感じる盛り付けにしたとのこと。懐石料理のような上品さが漂うお料理は、思わず見とれてしまいます。

畑をイメージした、結婚パーティのお料理

「ていねいに、」のごはんの食材としてお世話になっている埼玉小川町のサンファーム高橋さんの結婚パーティーは、玄米菜食米の子さんと共にお料理を担当したとのこと。cayocoさんは盛付けも担当しました。小川町のオーガニックの農園さんと高橋さんのお野菜をふんだんに使った、ベジ仕様のごはん。畑をイメージしたそうで、食材たちは賑やかに飾られ、どこか誇らしげな表情もしていますね。

ライブペインティングのように、音楽と参加者と共につくるごはん

こちらは、a(スモールエー)のデザイナー角文音さんと、ギタリスト浅田さんと開催したイベントの様子。浅田さんの即興ライブの中で、スモールエーのニット作品を参加者の方に着ていただき、参加者のみなさんとライブペインティングのように、ごはんを仕上げていったのだそう。

cayocoさんのごはんは、瞬発力の高さや、即興で作り出す柔軟性を感じます。あらかじめ決められたレシピを作るというより、食材に耳を傾け、その場の空気に身を溶かしながらつくるようなごはん。だからこそ、心にダイレクトに伝わる優しい力強さが備わっているのかもしれません。

視覚を通しても大きく心を踊らせてくれる
cayocoさんの彩り豊かなごはん

いつしかcayocoさんはこんなことを教えてくれました。
「絵を描くように、料理の盛り付けを楽しんでいます。」

食すとは、味覚、嗅覚、触覚、視覚、全てをフル稼働させて味わう行為。普段閉じている感覚の扉をふわりと広げてくれるようなcayocoさんのごはんは、視覚を通しても私たちの心を大きく踊らせてくれます。

cayocoさんの旅とレシピ「food letters」でお届けする本では、そんなcayocoさんのごはんの魅力をギュッと詰め込んでお客さまへお渡ししたいと思っています。ぜひ楽しみに待っていてくださいね。

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。