food letters 〜料理家・cayocoさんの食を巡る旅〜

旅先から届く絵葉書が、ポストに入っていた時の気持ちを。food lettersのInstagram。

こんにちは、店長の大浦です。

西荻窪「ていねいに、」の料理家cayocoさんの旅とレシピを本にするプロジェクト「food letters」が立ち上がってから、旅の準備が着々と進んでいます。

今日は、旅の準備のひとつとして、「food letters」のInstagramをご紹介したいと思います。

食への想い、旅への想い

このInstagramは、cayocoさんと旅を共にするパートナーであり写真担当の浅田さんのお二人で更新をされています。例えば、こんなドキっとするような言葉が綴られていたりするんです。

食べること。
食べることって自動車のガソリンみたいにエネルギーを取り入れることだと思ってた。
実際は食べ物を分子レベルで分解して、その分解された分子が新陳代謝によって入れ替わり、新しい身体の一部となる。
食べたもので自分は出来ている。
それを知ってから、食べることに対する意識が変わった。
まさに、食べることは生きることだ。

時には、旅に込められた強い想いも綴られています。

旅をする。
旅をして、その土地の空気、景色、食べ物、人やその人の物語を感じると、自分の中のばらばらだった思いがぴたりとひとつに重なったり、なにかに気づいてスッキリすることがある。
自分の中に新しいスペースができる。
なんだかよくわからないけどそんな感じ。
たぶんそれが僕らが旅に出る理由のひとつだろう。

「もっと野菜の力を信じてください」

cayocoさんいわく、浅田さんはそれまで料理の経験がなかったそうですが、少しずつ覚えていくにつれて、今ではcayocoさんよりもお味噌汁が上手になったと教えてくれました。

以前は自炊したひとり分の味噌汁の味がなんだか物足りなかった。
もっと野菜の力を信じてください。
そんな言葉と一緒につくりかたを教わった。
出汁に玉ねぎや季節の野菜を入れしっかり煮込む。
たったそれだけで今までのとは別物だった。
当時は顆粒出汁を使ってたけど、今は昆布や煮干をその日の気分で。
一度やり始めると面倒くさくもないもんだ。
なによりおいしい。

「もっと野菜の力を信じてください」。そんな言葉を交わしながら、食とていねいに向き合って生きているお二人の姿も、垣間見ることができます。

ちょっとしたレシピも綴りながら

cayocoさんは、食を語るときによく「エネルギー」という言葉を使います。それは、「心」や「気」とも置き換えることができるかもしれません。目に見えないけれども、食を通して必ず伝えることができるエネルギーをなぜ信じているのか。そんな理由もInstagramを通じて見えてきます。

白南瓜。
まあるくて、かわいい。
ご縁がある農園さんは、皆んな元気で笑顔が素敵。
元気な人が作る野菜は絶対美味しい。
元気な人が作る料理も絶対美味しい。
そこに気付いてから私は料理をする時、無理をしなくなりました。
元気がないときは料理をしないこと。
そして元気が欲しい時は野菜に励ましてもらったりする時もあります。
そんな力強い食べ物を作る人に出会い、伝える旅をしたい。

Instagramの中では、簡単な料理のレシピも綴られています。写真と文章を眺めるだけで、画面から香りが漂ってきそうなごはん。おなかがぐうと鳴りそうですね。

今朝の朝ごはん。塩キャラメル焼き林檎。

切った林檎を、菜種油をひいたフライパンで焼きつける。焦げ目がついたらメープルシロップとバターと塩麹をいれ、塩キャラメルを作るようなイメージで、フライパンを振って林檎とソースを合わせる。最後にシナモンをぱらり。

旅先から届く、絵葉書を受け取るような気持ちを

この場所で受け取るのは、旅先から届く、見知らぬ土地のスタンプが刻印がされた絵葉書がポストに入っていた時の気持ち。遠い場所に思いを馳せたくなるような、小さな優しい世界のかけらたち。

Instagramを通して、どんな旅が始まるのか、どんな想いを胸にしているのか、みなさまも共に追いかけていただけると心強いです!

さて、今日はポストにどんな絵葉書が入っているのでしょうか。Instagramはこちらからご覧くださいね。

スタッフのおすすめ

料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ