food letters

どんな本とお便りが届くの?クラウドファンディングで応援してくださる方に届けたいもの。

こんにちは、店長の大浦です。

これまでたくさんの方に応援していただいている「food letters」。クラウドファンディングの資金調達の締め切りが目の前まで差し迫ってきました。

今日は応援してくださるみなさまに、具体的にどんなリターンをお届けしたいと考えているのか、お伝えしたいと思います。

普段の暮らしで鈍くなっている
五感を呼び覚ます本をつくりたい

リターンの内容は、旅とレシピが綴られた本と、季節ごとにcayocoさんからのお便りをお届けします。まずはどんな本にしたいのか。cayocoさんとお話をしたところ、こんな答えが返ってきました。

「五感を呼び覚ますような本にしたい。」

cayocoさんが生業としている料理の世界は、五感をフルに使います。けれども五感というのは、料理をする場面でなくても、人と話している時など日常でも私たちは使っているはず。

「東京で暮らしていると、五感が薄れていく気がするんです。ある時、スマホを持ち歩かないでいたら、五感が冴え渡る経験をしました。時計を見なくても時間がわかったり、雲行きを見て天気が読めたり。それは、人が失っているものを感じるような経験だったんです。」

本のページを開くと、自分の中で眠っていた感覚が呼び覚まされるような、そんな世界をお届けしたいと私たちは考えています。その場所のあたたかさ、ごはんの匂い、頬にあたる風、背中に射す日差し、足の裏に伝わる土の柔らかさ。

思わず深呼吸をしたくなるような本をつくろう、と。

献立を知るためだけのレシピ本ではない、手に取った人の心に触れる本を。お届けするのはかなり先になってしまいますが、楽しみにお待ちいただければと思います。

お便り限定の、シンプルなレシピをお届けします

次に、春夏秋冬の季節ごとにお届けするcayocoさんからのお便りについて。こちらは、簡単なレシピをお届けします。今回旅のお便り「0号」と称して、アメリカのポートランドの旅をベースにサンプルを制作しました。

サイズはA4の二つ折り。料理をしながら工程のイメージができるようにと、レシピにはcayocoさんの手書きの絵が添えられています。可愛らしいこの絵にも、ぜひご注目くださいいね。

旅のお便り「0号」はダウンロードできます!

サンプルとして制作した旅のお便り「0号」はこちらからダウンロード可能です。ていねいに、の店頭でも配布しておりますので、気になった方はぜひお手に取ってご覧ください。

旅を再現できるような、シンプルなレシピはこのお便り限定。旅を応援してくださる方が一緒に旅を味わっていただけるように、とっておきのレシピをお届けします。

料理というのは、それを作ることで旅の追体験ができる一つのツールにもなるはず。旅の空気を少しでも分かち合いながら、応援してくださる方が楽しめるような旅路を描いています。

クラウドファンディングの締め切りは明日となりました。共に歩んでくださる方を、心からお待ちしています!お申込みは、こちらから。

おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。