耳で味わう、英語の世界

柔らかな春の陽射しや可愛らしさを想う「たんぽぽ」の、意外な英語名ーdandelion

このコンテンツは、優しい朗読と音楽で英語の世界を感じるオーディオコンテンツです。下の再生ボタンをクリックしてお楽しみください。


「耳で味わう、英語の世界」は今回も映像の特別版でお送りしています。

今回は、”Dandelion” と「たんぽぽ」。
この二つの言葉の響きをよく味わってみます。
Dande-lion・・・ あ、言葉の中に、ライオンがいます。
この言葉の由来は、ギザギザした葉っぱの形が、ライオンの歯に似ているところからきたのだそうで。
音もなんだか固くて、強そうなイメージですね。

一方、「たんぽぽ」。
たん・・・ぽぽ。
なんて可愛い音の響き。まるで春の足音のような。幼いこどものあどけないおしゃべりのような。

ふさふさの黄色い花びら。ふわふわの白い綿毛。
幼い頃から親しんだ、あの、たんぽぽ。
Dandelionとたんぽぽ。こんなにも音のイメージが違う。
同じ植物の名前だなんて、にわかに信じがたいですね。

Dandelionという言葉に最初に出会ったのは、米国の作家レイ・ブラッドベリの “Dandelion Wine”という小説でした。邦題は『たんぽぽのお酒』です。
12歳の少年の夏を題材にしたこの作品。瑞々しい感性で、全身で向き合う、少年の夏の全て。それが、少年のお祖父さんの仕込む、黄金色のたんぽぽのお酒に込められます。夏の光、空気、景色、そしてこの特別な季節が呼び起こす様々な心境が、この一冊にぎゅっと詰まっています。

この本の衝撃は忘れられなくて、Dandelionという言葉には、夏の日差しと、瓶のガラス越しの黄金の色を連想します。

たんぽぽには、いつだって、穏やな春のやさしさを連想するのですが。

イラスト・文・朗読 スタッフ 天野
ピアノ即興 山口美佳


このコンテンツには、画面上部のYouTubeの再生ボタンを押す他に、以下3通りの再生方法があります。

1.よりそうのYouTubeからお楽しみいただけます。
2.よりそうのSoundCloud(音楽SNS)からお楽しみいただけます。
3.PC/MacもしくはiPhoneをお持ちの方は、iTunesのポッドキャストから楽しむことができます。


おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

東京都生まれ。思春期に米国NY州で数年間を過ごす。 博物館学芸員アシスタント、外資系企業での職務を経て、現在子育てをしながら、少しずつ文章を書いたり、絵を描いたりしている。
素朴で丁寧な暮らしに憧れ、骨董品や器を見るのが好き。夫の影響でキャンプなどのアウトドアも好き。
英検一級、学芸員資格を持つ。横浜在住。 日常のなかにあるちょっとした美しいもの、ことを、文章や絵にしてお届け担当。普段は妻・母として、夫と長男、長女の四人家族を支えているような、支えられているような。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。