メンバー日記

心穏やかな一週間を過ごすために。私が見つけた小さな方法。

こんにちは、店長の大浦です。

みなさん、一週間をどんな心で普段過ごしていますか?できたら心穏やかに一週間を終えたい、と私は常々思っていました。

そしてついに、私は一週間を心穏やかに乗り切る方法を発見しました。それは、水曜日の早寝作戦です!

疲れがたまってくる水曜日だからこそ

土日にのんびり朝寝坊をしたり、美味しいものを食べたり、好きな本を読んだり、映画を観たりすると、疲れが癒されエネルギーがチャージされた状態になります。そして迎える一週間の始まり月曜日。朝の目覚めはスッキリ。目覚まし時計より早起きしてしまったり。仕事も掃除も洗濯も料理も、余力があるせいか軽々とこなせてしまいます。

そのパワーは火曜日の夜まで続きます。早起きをして仕事をして、夜は22時からのドラマを見る余裕すらあるほどに体力は残っています。

ところが水曜日。二日間の疲れが既に溜まってきたのか、泣き叫ぶ子どもの声も、散らかった部屋も、山積みになっている洗濯物も、全てが心と身体にズシンと重くのしかかるのです。

「水曜日ってなんでこんなに疲れるんだろうね。」水曜日の夕食のテーブルでは、夫と息子たちといつもこんな言葉を嘆き合っていました。

それならば、いっそ早く寝てしまおう。今年に入ってから私は、水曜日は子どもと一緒に寝ることに決めました。部屋が少し散らかっていても気にしない。20時~20時半にはお布団に入り、寝落ちしても大丈夫!という安心感に包まれてぐっすり就寝。

身体の余裕は、心の余裕に

そして迎えた木曜日の朝。なんと、身体も心も回復しているのです!「あら私、パワーがみなぎっちゃってるんだけど!」とびっくりするほど。これまで、週末に近づくにつれて、子どものわがままや、夫のルーズな生活態度にイライライしていたのですが、身体に余裕があるせいか、心にも余裕が生まれて、これまであったイライラがサッと引いていくのを感じました。

試してからまだ2週間しか経っていないので、本当に持続する効果があるのかはわかりません。ただ自分の身体の声に素直に動くことは、心に優しいことなのかもしれない。そんなことを思い始めています。

心というのは、簡単に硬くなったり、とげとげしたり、荒々しく波立ってしまうものだから。そんな心に寄り添う術をこれからも見つけて、お客さまへも届けていきたいと思っています。


おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。