今週のInstagram

春の訪れと、花が暮らしによりそう風景の美しさを感じた1週間。

こんにちは。スタッフ天野です。

立春が過ぎて、暦の上では春が始まりましたね。
この1週間、みなさんどんな時間を過ごされましたか?
当店Instagramの1週間を振り返っても、寒さ和らぎ春の足音が聞こえるようでした。

春を感じる瞬間が多かった1週間。花や旬の食材も。

今週は、野に咲く花や、ひじき、菜の花、レモンなど春の訪れを感じさせる投稿が多かったです。
今週の投稿からいくつかピックアップしてご紹介しますね。

よりそう。さん(@yori.so)が投稿した写真

春の訪れを感じさせる黄色の菜の花と水仙。野に自力で咲く花の慎ましさ、小さく控えめながらも凛とした姿は、シンプルに、素直に生きることへ想いをより戻させてくれるようです。


こちら、店長宅のヘルシーで美味しそうなお昼ごはん。店長宅では日常に使う器たちが本当に素敵なのですが、この写真にもちらっと見ることができますね。この季節、店長の住む津屋崎ではひじきが旬をむかえ、安くて美味しいのだとか。これまでスーパーに売られている缶詰タイプや乾燥ひじきしか馴染みがなかったので、旬の時期があると知って実は驚きました。

こちらは、当店で先週から販売スタートした黒坂麻衣さんのトートバッグ。私も早く使ってみたくて、届く日をワクワク待っていたんです。実は今週、黒坂さんの個展にお邪魔してお話を伺う機会を頂いたのですが、この桃の絵は、初夏の日差しの中、みずみずしい新鮮な桃を実際目の前に並べ描かれたとのこと。そんなお話を思い出し、余計にこの新しいトートを愛おしく感じていました。お財布、携帯、子どものオムツ、ハンカチ、ティッシュ。近所のお出かけに必要なものがきちんと収まり、使いやすかったですよ。

当店では今週、「季節と心によりそう、お花の定期便」のモニター協力してくださった方のもとにインタビューに伺った模様を連日ご紹介しました。こちらはその記事の写真のひとつ。モニターのお二方に届いたリースとスワッグは、花、葉、枝、根っこまでをふんだんに使い、美しく本当に魅力的でした。Instagramでご紹介した写真たちもとっても人気がありましたよ。もっといろんな写真が見てみたい、と思われた方は、ぜひ当店のサイトの記事をチェックしてみてくださいね。

花が暮らしによりそう風景は美しく、静かな憧れを覚えます。

今週Instagramでご紹介したリースやスワッグは、リース作家「花 植物の手仕事 つぐみ」さんによるもの。花のある暮らしの風景は、私たちを含め、人の心を惹きつけるものだなぁと、改めて感じました。

今週は節分がありましたが、恵方巻きを食べたり、豆撒きはなさいましたか?
我が家でも小さい子ども用にミニ恵方巻きを作って、みんなで北北西を向いて食べましたよ。売っている恵方巻きって大きいですよね!あれを切らずに食べるって、大人でも難しいなぁ・・・とまだチャレンジしたことない我が家です。

寒さは残っていますが、ずいぶん陽が長くなってきたなぁ、と、ほのかに明るさ残る夕方、ふと気付いた今週でした。

まだまだ始まったばかりの当店 Instagramですが、フォローしてくださる方もちょっとずつ増えてきて、100人までもう少し?!
引き続き、訪れてくださるみなさまの心が、少しでもほっと柔らかくなるような場でありたいと願い、頑張ります。

新しい1週間もどうぞよろしくお願いします。

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

東京都生まれ。思春期に米国NY州で数年間を過ごす。 博物館学芸員アシスタント、外資系企業での職務を経て、現在子育てをしながら、少しずつ文章を書いたり、絵を描いたりしている。
素朴で丁寧な暮らしに憧れ、骨董品や器を見るのが好き。夫の影響でキャンプなどのアウトドアも好き。
英検一級、学芸員資格を持つ。横浜在住。 日常のなかにあるちょっとした美しいもの、ことを、文章や絵にしてお届け担当。普段は妻・母として、夫と長男、長女の四人家族を支えているような、支えられているような。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。