メンバー日記

仕事始め。私たちが想う、2017年。

こんにちは、店長の大浦です。
年明け5日、私たちは先日公開した朗読動画の制作のため、都内のスタジオにて撮影をしました。普段はリモートワークで働いているため、東京にいるスタッフ天野と会えるのは貴重な機会でもあるこの日。その様子を少しだけお届けしたいと思います。

まずは初詣へ

仕事始めということもあり、まずはスタジオ近くの神社に初詣に行くことに。境内には梅の花が咲いていて、私にとってはこの冬はじめての梅でした。植物に詳しい天野は、紅梅より早い時期に咲く黄色い梅「老梅」が好きとのこと。香りがとても豊かだそうです。

梅と桜の違いは、積算気温で咲くか、平均気温で咲くかであると、以前本で読んだことがあります。あたたかさが積もっていくと、花開く梅。それだけ春に近づいていることを教えてくれているような気がして、北風が厳しかったこの日も、心の奥にあたたかさを感じさせてくれました。

プチお誕生日会も開きました!

この日の撮影、実は当店のスタッフ佐藤の誕生日でもありました。撮影は佐藤が参加するパートもあり、途中からやってきてくれたので、プチお誕生日会も開くことに!ハッピーバースデーを歌って、みんなでケーキをいただきました。撮影の合間の甘味は、染み込みます。。

2017年、もっとバディ感を!

リアルの場で会って、話をする機会の少ない私たち。撮影の合間には、天野と今年の抱負について語り合いました。それぞれ個人的な目標を持ちながらも、私と天野で一致したのは「もっとバディ感を強めよう!」ということ。

バディというと、映画、本、漫画の世界ではいろいろなバディの形がありますが、私たちが目指したいのは「パンとスープとネコと日和」に出てくるアキコさんとしまちゃんのようなバディ感。お客さまがやってきて、ほっと心を緩めて帰ってもらえるようなお店で、淡々と優しく佇んでいる二人。

ぶつかり合いながら絆を強めるのでもなく、主従関係で支え合うわけでもなく、お互いに受け取った言葉を胸に留めながら、それぞれがお客さまの方を向きながら、一緒に「いらっしゃいませ」と丁寧にお迎えするような姿になれたら、と。

一人でできるお店づくりではなく、人と人が掛け合わさっているからこそできる、心柔らかな居場所を作れるように。かたくなっていた心がほんのりほぐれるような、そんな小さな時間を、今年も訪れたお客さまへ届けていきたいと願っています。


おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。