food letters

ポートランドの旅のおすそ分け。シンプルなのに美味しいホットパンプキンディップの作り方。

<前回のお話は、こちら

特集「cayocoさんのアメリカ/ポートランドの旅から見える、心も町も動かす食の力」では、西荻窪の「ていねいに、」で優しいごはんをつくっている料理家cayocoさんからお聞きした、食にまつわる旅の風景をお届けしています。今日は、旅を通じて心に残ったレシピを、cayocoさんからご紹介していただきます。


ご紹介するのは「ポートランドのホットパンプキンディップ」

こんにちは。ていねいに、のcayocoです。

今回はアメリカ、ポートランドで出会った沢山のごはんの中から、今もよく作っている「ホットパンプキンディップ」をご紹介します!

アメリカの旅のはじまりが丁度ハロウィンだったのもあって、沢山の南瓜の料理や加工品が印象に残りました。バターナッツのオムレツや、パンプキンビール。南瓜の缶詰やパンプキンスパイスティー。形、色それぞれに色んな種類の南瓜が並び、スーパーの至る所でオレンジ色のパッケージが目にとまります。

その中でも、ポートランドのブリュワリー(ビール醸造所)でサーブされた、シンプルなのに驚く程美味しい「温かいパンプキンディップ」印象的でした。甘い南瓜に何種類かのチーズとスパイスが合わさったペーストです。バゲットや野菜にたっぷりつけていただきます。

◎材料

南瓜 1/4個 (皮を剥いて300g)
水 100ml
グリュイエールチーズ 20g (なければミックスチーズでも可)
クリームチーズ 10g
塩麹 小さじ1/2
シナモン少々
ブラックペッパー 少々
塩 少々

◎作り方

1 南瓜は皮をそいで2㎝角ほどに切ります。

2 切った南瓜と水と塩を少々入れて蓋をして強火にかけます。沸騰したら弱火にして10分蒸し煮にします。焦げそうなら更に水を少し足して下さい。

3 南瓜にお箸を刺してみて、ほろっとしたら火を止め、お鍋の中でマッシャーで南瓜を潰しなめらかにします。もしハンドブレンダーがあれば、ブレンダーで混ぜても良いです。

4 南瓜が熱いうちに、グリュイエールチーズとクリームチーズ、塩麹、シナモン、ブラックペッパーを加え混ぜ合わせます。

5 温かいうちに器に盛りつけ、ナッツとオリーブオイルを回しかけて出来上がりです。

チーズを控えたいという方は、豆腐の味噌漬けを使ってみてください。水切りした木綿豆腐をクッキングペーパーで包み、その上から味噌を塗って2、3日冷蔵庫で寝かせておくだけで簡単にお豆腐のチーズ風が出来上がります。

パンプキンディップのアレンジとしてマカロニをあわせてグラタンにしたり、オリーブオイルでのばしてパスタソースにしても美味しいです。

素材に元気がない時、なにかひと味足りない時
助けてくれる発酵食品

このパンプキンディップは味を再現しようと何度も試してみましたが、中々食べたときの感動が出てきませんでした。はじける様な生き生きとした何かを探していたら、いつも使っている塩麹が美味しさを引き出してくれることに気付きました。日本の発酵食品や保存食に辿り着き、あらためて日本の食材の魅力を感じる事もできました。

もし、素材に元気がない時、なにかひと味足りない時、塩麹、味噌、甘酒などの発酵食品を入れると、生き生きとしたごはんになるかもしれません。ぜひ素材にあわせて自由にアレンジをきかせて、ワクワクと作ってみて下さいね。


「命をいただくというのは、命をつなぐバトンのよう。調理をするとは、全ての命を預かって巡らせる、素晴らしい仕事です。」

そんな想いを胸に、毎日誰かのために優しいごはんを作っているcayocoさん。アメリカの旅のお話から見えてきたのは、どんな土地へ行っても「知ること、食べること、つなぐこと」と丁寧に向き合っている姿でした。

今年の3月からスタートする「food letters」では、cayocoさんが人、土地、食材と出会いながら旅をして、一冊のレシピ本を作ります。春夏秋冬の旅を通じて、cayocoさんが何を知るのか、何を作るのか、何を想うのか、その様子を私たちも追いかけていきます。

この旅は、応援をしてくださる仲間を必要としています。食を大切にすることは、自分を大切にすることで、それは優しく生きることを手助けしてくれるはず。きっと一人一人の小さな想いが集まれば、世界はほんの少し優しいほうへ動いていく。そう信じながら、私たちは旅へ出ます。ぜひみなさまの応援よろしくお願いします!

クラウドファンディングのページはこちらからご覧ください。

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。