food letters

cayocoさんがポートランドで出会った、つくる人の「好き」が伝わってくるごはん。

<前回のお話は、こちら

特集「cayocoさんのアメリカ/ポートランドの旅から見える、心も町も動かす食の力」では、西荻窪の「ていねいに、」で優しいごはんをつくっている料理家cayocoさんからお聞きした、食にまつわる旅の風景をお届けしています。今日は、食というフィールドで最近注目を集めている町、ポートランドの旅のお話を伺います。

地元の小さな店の活気と勢いが溢れる町

まずは空港に降り立った時から「何かが違う!」という予感があった話すcayocoさん。

「空港に並んでいるお店は、ポートランドの小さなお店ばかりで、マクドナルドが一番端っこに小さく存在しているほど。空港内は生演奏をしている人がいたりと活気が溢れ、働いている人たちの表情も穏やかで、ワクワクする気持ちになりました。」

ポートランドは、町中のコンクリートを剥がして畑にしたり、お店でつくったクラフトビールが飲めるレストランがあったり、お店が農園と直接トレードをしたり、あるいは自身の畑をもっていたりと、地元の小さなお店に活気と勢いが溢れている町だそうです。

働く人の「好き」「楽しい」が伝わるから

コーヒー好きのcayocoさんは、3日で7軒のカフェ巡りをしたとのこと。そのお店一つひとつに個性があり、違った美味しさがあったようで、私もcayocoさんのご自宅でお土産のコーヒーをいただきました。

パッケージはドクロマークが描かれていて一瞬「お!?」と思うものでも、飲んでみるととても奥深い味が。cayocoさんいわく「腕に大きな入れ墨を入れているような人が、とても楽しそうに丁寧にコーヒーを淹れてくれるんです」とのこと。

レストランでも同じように、つくる人、働く人の「好き」「楽しい」気持ちが伝わってきたそうです。

「素材を活かす絶妙な塩加減のお料理など、素材ありきのお料理をいただきました。食材をしっかりみている人がつくっているんだろうな、と感じるお料理。キッチンを覗いたら、すごく楽しそうでお店の雰囲気もとても良かったです。」

食の力は、人の心も町さえも動かす

ポートランドで一番印象に残っている、クラークルイスといお店は、素材を活かした優しい味付けのお料理が次から次へと出てきたそうです。食材を大事にする気持ちがあるからこそ、自然と寄り添える絶妙な塩加減であったり、野菜の味がきちんと感じられる優しい味付けであったり。それはまるで作り手の心が見えてくるようなごはん。

野菜をつくる人やごはんをつくる人の心というのは、それを受け取った人の心を動かし、その心がたくさん集まると、町全体までも揺り動かすような力をもっているのかもしれません。

人は何かを食べなくては生きていけない生き物です。そして食べたものが、私たちの心と身体をつくっています。食べることは、誰もが繰り返している当たり前の行為。だからこそ少し見つめ直すだけで、心も身体も、暮らしも、周りの人も町も、変えていける可能性を秘めているのだと、cayocoさんの目に映ったアメリカの風景を通じて感じました。

そんな食の力を信じて、cayocoさんと私たちはこれから旅へ出ます。春夏秋冬の旅を通じて出会う、土地、食材、人とのつながりを、保存食とレシピ本という形でお客さまへ届ける予定です。旅の詳細はぜひこちらからご覧ください。

旅を終えて心と身体に残ったものを、今回cayocoさんはレシピとして生み出してくれました。心がふわりと自由になるようなレシピを明日はご紹介するので、ぜひお楽しみください。<つづく

おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。