food letters

西荻窪「ていねいに、」の料理家cayocoさんのポートランドの旅から見える、心も町も動かす食の力

スーパーに必ずあるオーガニックコーナー。素材を引き出すシンプルな味付けの料理。コンクリートを剥がして畑をつくる町。エネルギー溢れるみずみずしい野菜。働く人たちの活気に溢れるレストラン。

これらは全て、アメリカの旅で出会った風景。コカ・コーラとマクドナルドを生み出した国というイメージを覆すような、日本よりもしかすると一歩も二歩も先をいっている食の意識。

そんな話を教えてくださったのは、西荻窪の「ていねいに、」で優しいごはんをつくる料理家のcayocoさんです。特集「cayocoさんのアメリカ/ポートランドの旅から見える、心も町も動かす食の力」では、昨年の秋に訪れたアメリカのセントルイスとポートランドで出会った、アメリカの食事情についてお話を伺いました。cayocoさんの旅を通じて見えてきた、アメリカの知られざる一面をご紹介しながら、旅を振り返ったcayocoさんが生み出したレシピを最後にお届けします。

まず感じたのは、野菜の溢れんばかりのエネルギー

2016年10月、cayocoさんはパートナーの浅田さんと共に、アメリカのセントルイスとポートランドを訪ねに約2週間の旅へ出発しました。目的の一つは、浅田さんの妹さんが双子の女の子を出産したので、そのお手伝いのため。もう一つは、食に対する意識が高い人たちが集まっていると最近話題になっているポートランドを訪れるため。ポートランドは、cayocoさんがお店を構える西荻窪という町にも雰囲気が似ているのだとか。

はじめに訪れたのは、浅田さんの妹さん家族が暮らすミズーリ州のセントルイス。産後のお母さんのケアもしながら、家族全員のごはん作りのお手伝い。食材を求めに出かけたスーパーでまず驚いたのは、エネルギーの違いだそうです。

「オーガニックの野菜でなくても、元気でみずみずしくて。見た感じで美味しそうなオーラが出ているんです。」

人参や茄子など食材の大きさも違えば、野菜が放つエネルギーも違うとのこと。そして鮮度が高く、スーパーの陳列方法も美しいのだそう。

「わー!おいしい!」と思わず叫ぶ味

実際に調理をしてみると、包丁で切ると水分が出てくるほどみずみずしく新鮮な野菜たち。日本の野菜は繊細で舌触りで奥深さを感じられるそうですが、アメリカの野菜は大味だけどエネルギッシュ。食べた時に思わず「わー!おいしい!」と叫びたくなるほど。

「野菜をつくっている人のエネルギーも感じますし、売っている人たちの楽しそうな雰囲気も伝わってきました。」

スーパーで楽しそうに談笑する店員さんとお客さんの様子や、町中で出会う陽気に声を掛け合うアメリカ人のフランクな雰囲気が、cayocoさんの目の中には優しく映ったようです。

「野菜を選ぶならオーガニックを」

町を歩きながら感じたのは、それに加えてオーガニックに対する意識の高さ。

「安いスーパーでも必ずオーガニックコーナーがあるんです。大きなスーパーには、グルテンフリーの食材が並ぶコーナーがあったり、普通の日本のスーパーより充実していました。」

日本ではオーガニックの野菜たちは、スーパーの隅っこの方にあるだけで、オーガニック専門店への敷居もまだ高いように感じます。どんなスーパーでもオーガニックコーナーがあるということは、それだけ需要があるから。「野菜を選ぶならオーガニックのものを。」そんな意識がアメリカでは広がっていることがわかります。

食べることを大切にした人たちが集まると、こんなにも町が生き生きする。明日は、そんなことを教えてくれるポートランドの旅で出会った風景をご紹介します。ぜひご覧くださいね。

つづく

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。