他己紹介

現代美術家・安田悠

non-standard worldに関わる方、素敵だと思う方を他己紹介させていただくブログ企画、第一弾の今回は、現代美術家・安田悠をご紹介します。

安田悠は、YUKA TSURUNO所属、1982年生まれの現代美術家。
幻想的な色彩と揺らぐような独特のタッチが特徴の、油彩作品が中心です。

武蔵野美術大学大学院を卒業した2007年度にトーキョーワンダーウォール賞を受賞、その後多方面から注目され、トヨタ自動車や横浜美術館のコレクション、日本屈指の現代美術コレクションである高橋コレクション、宮津大輔コレクションなど著名コレクションにも作品を収めています。

そんな彼は、アートユニットとしてのnon-standard worldにも参加していて、弊社の手がけたウェブサイトでは、水彩ドローイングを提供してもらっている案件があります。

安田悠ドローイング提供の弊社作品

ゼクシィ Get Old with Me 【Wordful Note】


NPO法人(特定非営利活動法人)ポレポレ
http://www.poreporejapan.org/


日本語学習サイト にほんごの木
http://www.nihongonoki.com/


自分(佐藤)が彼と出会ったのは、武蔵野美術大学大学院の在学中でした。
授業中に描いていた落書きがうますぎて、度肝を抜かれたのを良く覚えています(笑)。

卒業後、彼はアート、僕はデザインというフィールドの違いはありますが、お互いの活動に刺激を受けてきた仲です。

現在、安田はYUKA TSURUNOで行われているグループ展に出品しています。
興味を持たれた方はぜひ、足を運んでみてください。

展示案内

「Painting Never Dies」
参加作家:今津景、桑久保徹、安田悠
会場:YUKA TSURUNO(江戸川橋/早稲田)
会期:2012年5月26日(土) – 6月30日(土) 11:00-19:00 ※日火祝 休廊
協力:小山登美夫ギャラリー、山本現代

過去の展示風景

安田悠 個展「面影の向こう」@YUKA CONTEMPORARY


ROPPONGI HILLS CLUB


YOUNG ART TAIPEI(台北)

安田悠プロフィール

安田悠 Yu Yasuda

主な個展

2010
「面影の向こう側」、YUKA CONTEMPORARY、東京

2008
「TOKYO WONDER WALL都庁2007 境界でゆれる」、東京都庁、東京
「TWS EMERGING 2008」、トーキョーワンダーサイト本郷、東京

2007
「個展」、GALLERY b. TOKYO、東京

主なグループ展

2012
「RYUGU IS OVER!! ー竜宮美術旅館は終わります」、竜宮美術旅館、横浜

2011
「Art in an Office」、豊田市美術館、愛知
「Feel the rhythm, Color me bright, Everyday is a carnival」、YUKA CONTEMPORARY、東京

2010
「トーキョーワンダーウォール10周年展」、東京都現代美術館、東京

2009
「WORM HOLE episode 12」、magical ARTROOM、東京

2008
「VOCA展 2008」、上野の森美術館、東京
「If you’re happy, clap your hands Japanese artists born in 80’」、Andrew James Art、上海
「ゼロの庭」、MA2 Gallery、恵比寿
「トヨタアートコレクション2008」、鞍ヶ池アートサロン、愛知

2007
「ART AWARD TOKYO」、行幸地下ギャラリー、東京
「MOGRA企画展」、gallery MOGRA、東京
「TOKYO WONDER WALL」、東京都現代美術館、東京
「TOKYOEYE 01」、DAIMARU TOKYOアートギャラリー、東京

受賞歴

トーキョーワンダーウォール2007 トーキョーワンダーウォール賞
第22回ホルベインスカラシップ奨学生

主要コレクション

トヨタ自動車
横浜美術館
高橋コレクション
宮津大輔コレクション

作家ウェブサイト

http://www.yu-yasuda.com/

スタッフのおすすめ

料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


メルマガ好評配信中です。こちらよりぜひご登録ください!

この記事を書いた人:

non-standard world, Incのアートディレクター。 デザインだけでなく、コーディング、写真撮影も手がける。 バンドeuphoriaのベーシストという一面も。 福岡で暮らす高崎・大浦の代わりに、東京での活動の中心を担う。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ