お知らせ

新しいブランド、「yori.so classic」が始まります。

こんにちは、店長の大浦です。

本日より、当店の新ブランド「yori.so classic」がスタートします。「yori.so classic」は、世界のどこで、いつ生まれたのかわからない、名もなき人の作品に、新たな息を吹き込んだものづくり。第1弾は、優しい朗読と音楽を聞きながら英語の世界を感じる当店のオーディオコンテンツ「耳で味わう、英語の世界」の単語と、名もなき人の絵を重ねた、アートボードを発売します。

yori.so classicに込めた想い

何十年前だろう。何百年前のことだろう。

名もなき人の、名もなき絵。
名もなき人の、名もなき詩。

世界のどこで、いつ生まれたのかわからない。
けれども、時代を越えてもなお、今ここにある物語。

強い嵐が吹いても、濁流に飲み込まれても
決して消えなかったものだから。
浜辺で流れ着いた、丸くピカピカになったガラスのカケラを拾うように
ここから新しい物語を紡いでいく。

いつの時代も、どんな場所でも、
人が何かを、誰かを想ってつくったものは、美しい。

歴史に残るような人物たちの絵や詩だけが、ホンモノではない。
歴史に残っていないような人物たちの絵や詩に、ホンモノをみつける。

「yori.so classic」は、時代を越えてなお残っている
名もなき人の作品に、新たな息を吹き込んで
人の心が柔かくなるようなものづくりを始めます。

誰かの歌声に、新しい音色を重ねるように。
色褪せない心に、心をかさねて。
yori.so classicを、あなたのもとへ。

デザイナーより

歴史と日常と、未来に残しうるもの。

「過去はいつも新しく、未来はいつも懐かしい」ではないですが、どんなに使い古された言葉でも、うんざりするような毎日のローテーションでも、ふとした見え方のズレだったり、天気だったりで大きく違うものに感じられることがあります。心柔らかくなるきっかけが、日常にあらわれ、新しい未来がより心地よく感じられますように。

20160324-img_0325

デザイナー 南舘崇夫
よりそう。のデザイナー。オンラインショップの商品の企画やデザインを担当。日本デザインセンター勤務を経て、2012年に独立。福岡をベースにするフリーランスのグラフィックデザイナー。紹介記事はこちら


yori.so classic第1弾としてアートボードを発売します

次に、「yori.so classic」の第1弾となるアートボードについてご紹介したいと思います。ボードに描かれているのは、いつ、どこの国で生まれたかわからない、けれども時代を越えて今に残っている、名もなき人の絵と共に、当店のオーディオコンテンツ「耳で味わう、英語の世界」の単語を重ねたもの。今回は「Ephemeral」「Procrastinating」の2種類をご用意しています。

美術館で回顧展が企画されるような、歴史に残っている人物たちの絵だけが、ホンモノではない。私たちがみつけたのは、歴史に残っていないような人物たちの絵の中に流れている、色褪せない物語。

ここにあるのは、きっと心に響くような静けさ。眺めていると、日常の雑音が少し静まって、心に余白を生み出してくれるはずです。

単語の意味を知りたい方や、単語の奥にはどんな世界が広がっているのか覗いてみたい方は、ぜひこちらのオーディオコンテンツをお聞きください。声と音に包まれながら、耳で味わう柔らかな心地の余韻を、このアートボードで味わっていただければと思います。

額縁不要!手軽に飾ることができる「アート」

アートボードは、自宅で手軽に飾ることができる「小さなアート」として味わっていただけます。ポスターのように額縁を用意しなくても、壁にかけたり、棚に立てかけるだけでも、そのまま飾ることが可能です。

アートは美術館だけの中に存在するのではなく、日常にも寄り添える存在になるはず。「飾る」という行為は、もしかすると一番手軽にアートを日常に取り込むことができるのかもしれません。

なんでもない日だとしても、アートが小さくそこにあるだけで。お客さまの暮らしがほんのりと潤いますように。

当店オリジナルのノベルティ
作家小谷ふみさんの特製カードを添えて

本日より、当店にて商品をご購入いただきましたお客さまに特典で、作家・小谷ふみさんの作品を印刷した特製カードを同封するキャンペーンを開始しています。

カードは活版印刷なので、手に取った時と飾った時の、柔らかな奥深さを味わっていただけます。色味や紙質までこだわり抜いているデザインですので、こちらのカードもぜひたくさんの方に楽しんでいただきたいと思っています。

この先も「yori.so classic」は心が柔かくなるものづくりを、お客さまへ届けていきたいと思っています。今後もぜひご期待ください!

ご購入はこちらのページをご覧ください。

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。