メンバー日記

今年一年、ありがとうございました!

今年一年、当店をご利用いただきありがとうございました!

5月にオープンをしてから、少しずつですが根を張ることができたのは、私たちのお店を見守ってくださり、関わってくださり、応援してくださるみなさまのおかげです。

一年前の今頃は…

一年前の今頃を振り返ると、よりそう。は静かに動き出していました。例えるならば、お店の場所は決めて、スタッフで内装や家具、メニューを話し合っているような状態です。「壁紙の色は何色がいいんだろう!」と何か一つで悩んでは「いや、やっぱりまずは世の中に出して、お客さまの反応を見ないとなんとも言えない」と、全ての悩みはこの結論にたどり着いていたように思います。扉はまだ締まり、看板は「CLOSE」の状態。はやくお店を開けたい!とうずうずしていました。

そして迎えた5月のオープン。ガラガラと扉を開け、「OPEN」の看板を出し、ドキドキとお客さまを迎える日々が始まりました。

サラダとパンしか最近出してないかも、と焦ることもあれば、どんな材料でどんな料理を作るか、スタッフで意見がぶつかることもあれば、素晴らしいスパイスをお借りして、思いもよらない料理を作れたこともあれば、お客さまが笑顔でお店を後にする姿に心が救われることもありました。

ここは、月の光が照らす、
優しい闇が包んでくれる場所

私たちのお店はインターネットという場所にあります。それは手に触れることができなくて、PCやスマホをオフにしてしまえば、実態のないものかもしれません。けれども、これは場所づくりであることに違いないと私たちは信じています。それは、誰かにとっての、居場所づくり。

ここは、月の光が照らす、優しい闇が包んでくれる場所。訪れた人が、自分の中にある柔らかな心を取り戻すような場所であってほしいと、私たちは願っています。

太陽の光のような明るさや、キラキラしたエネルギーはないかもしれません。心の底から元気がでる場所でもないかもしれません。でもちょっと暗くても、なんだかホッとできる、優しくなれる場所として、誰かの居場所になりたい、と思うのです。

2016年は、私たちにとって種まきの季節でした。小さな双葉の下には、それに似合わないほど太くて長い根が張っています。まずは小さな根を下ろして、少しずつ張っていけるように、お客さまという光を受け取りながら、芽を出していくことができればと思っています。これからも、どうか見守っていただけると嬉しく思います。

今年一年、ありがとうございました。
みなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。


年末年始の休業期間、Instagramでは情報を更新しますので、よかったら覗いてみてくださいね。
Instagramのフォローはこちらから。


おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

カテゴリー:この記事の目次を読むには下のボタンをクリックしてくださいね。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。