耳で味わう、英語の世界

【耳で味わう、英語の世界】『星の王子さま』で出会った、切ない言葉— Ephemeral

このコンテンツは、優しい朗読と音楽で英語の世界を感じるオーディオコンテンツです。下の再生ボタンをクリックしてお楽しみください。


発音が難しいこの言葉。「はかない」「つかのまの」という意味があります。

この言葉は、サン=テグジュペリの『星の王子さま』で出会いました。
王子さまが地理学者の星を訪れる場面。地理学者に自分の星のことを問われ、小さな星で、火山が三つあること、花がひとつあることを伝えます。
すると、地理学者は、花には興味を持ちません。なぜなら、花ははかないものだから。地理学者曰く、いつまでもかわらないことしか、本には書かないのです。
花を愛する王子さまは、そのことに驚き、尋ねます。

「はかないってなんのこと?」と聞く王子さま。

「そりゃ、<そのうち消えてなくなる>っていう意味だよ」答える地理学者。

“But what does that mean―‘ephemeral’?”
“It means, ‘which is in danger of speedy disappearance.’”

はかないこと。In danger of speedy disappearance. ここにある姿は束の間のもの。

秋はどこか物悲しく、はかなさへ思いを馳せることが多くなる気がします。

高い秋の空を見上げると、形を変えながら流れていく雲。うろこ雲、さば雲、いわし雲。
秋の空特有の雲があります。

移ろいゆくといえば、、、。
今は昼夜、団子のようにくっついて過ごしている幼い子供たち。
笑い、怒り、叱り、悩み、でもきっと、こんな時間もephemeral。
あっという間に成長していくであろう姿を、自分は絶対に追いつかないなぁと、後ろから眺めるような気持ちになることがあります。きっと近い将来、手元からするりと抜けて、どこかに走っていくのでしょう。まずは上の子から。

今は両腕に何とか抱きしめることができる、二人の子供。
その柔らかい温もりと、「ねぇ、ママ」と呼ぶ声。

失いがたい、大切なものを思い、同時にそのはかなさを思うとき、‘ephemeral’という言葉が浮かびます。

朝、起きてきて、一番に抱きついてくる子供たち。
それから、親との何気無い会話の時間。
それに、昨日お部屋に飾った切り花の瑞瑞しさだって、そう。

ものごとのはかなさ。年を重ねるたびに、リアリティを持って理解を深めている気がします。

‘Ephemeral’. 発音は難しいですが、綺麗な言葉ですよね。

ちょっと話は逸れますが、‘ephemeral’… sounds a bit like ‘emerald’.「エメラルド」にも音が似ていますよね。
この言葉に色をつけるとしたら、エメラルドグリーンでしょうか。

イラスト・文・朗読 スタッフ 天野
ピアノ即興 山口美佳


このコンテンツには、画面上部のYouTubeの再生ボタンを押す他に、以下3通りの再生方法があります。

1.よりそうのYouTubeからお楽しみいただけます。
2.よりそうのSoundCloud(音楽SNS)からお楽しみいただけます。
3.PC/MacもしくはiPhoneをお持ちの方は、iTunesのポッドキャストから楽しむことができます。

この記事を書いた人:

東京都生まれ。思春期に米国NY州で数年間を過ごす。 博物館学芸員アシスタント、外資系企業での職務を経て、現在子育てをしながら、少しずつ文章を書いたり、絵を描いたりしている。
素朴で丁寧な暮らしに憧れ、骨董品や器を見るのが好き。夫の影響でキャンプなどのアウトドアも好き。
英検一級、学芸員資格を持つ。横浜在住。 日常のなかにあるちょっとした美しいもの、ことを、文章や絵にしてお届け担当。普段は妻・母として、夫と長男、長女の四人家族を支えているような、支えられているような。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。