男の優しいごはん

誰かのために作ったごはんは、優しい。ー食とセラピーのお店「ていねいに、」のcayocoさんインタビュー

特集「男の優しいごはん」では、食とセラピーのお店「ていねいに、」のcayocoさんから、初心者の男性でも簡単につくれる、身体に優しいごはんについてお話を伺います。

優しいごはん、という言葉を聞いた時、どんなことを思い浮かべるか。ふと湧き上がってくるのは、やはりお母さんのごはん、かもしれません。たわら型をした鮭おにぎり、ちょっと甘いふわふわの卵焼き、野菜がたっぷり入った餃子、ほっとした気持ちになる切り干し大根。

思い浮かぶ料理というのは、それぞれの家庭によって違って、けれども同じように懐かしさと安らぎを含んでいるのだと思います。

いざ自分が優しいごはんを作ろうと思った時、どうやったら優しいごはんを作れるのか、私は立ち止まってしまいました。そこで、cayocoさんと優しいごはんっていったいどんなことなんだろうというテーマでお話をしました。

20160902-img_2444

家族が認めてくれたのが、作り続けられた理由

大浦
cayocoさんは初めて料理をした記憶はありますか?

cayoco
私は小さい頃から、兄弟が多かったので料理を家族に作ることはあったのですが、小学校3~4年生頃からお母さんの代わりに作り始めました。

大浦
一番始めに何を作ったんですか?

cayoco
初めは、焼きそばを作りました。焼きそばといっても、粉末の調味料がついているものです。麺を炒めて、粉末の調味料を入れて、野菜も入れないでそれだけでした。工程は知っていたので、お母さんがいない時にやってみようと思って試したんです。野菜が入っていないので、なんかそっけない味だなあと思って。始めは失敗した記憶がたくさんあります。

大浦
徐々に包丁をもって野菜を切ったりするようになったんですか?

cayoco
はい。カレーを初めて作ったときも、もっと彩りがきれいになったらいいなと思って、レモンを入れて煮込んだんですね。そしたら酸っぱくなって、まずかったんです。それでもお兄ちゃんたちはおいしいっておかわりして食べてくれたら、みんなが優しかったんです。具なしの焼きそばもお父さんがおいしいおいしいって食べてくれて。

大浦
その時のことしっかり覚えているんですね。

cayoco
はい。私はとても悔しかったんです。もっと上手に作りたかったのになんでだろうって。でもおいしいって言ってくれたり、おかわりしてくれたり、周りに救われて作り続けてきた気がします。

大浦
そうですよね。「おいしくない」って言われたら、そこで心は折れてしまいますよね。

cayoco
家族が認めてくれたのが、作り続けられた理由かなと思います。

大浦
始めは失敗するのが当たり前で、失敗に突っ込まれたらへこたれてしまいますよね。人が成長する時って、「ありがとう」とか「おいしいよ」っていう肯定していくれる誰かがいることで成長できるのかもしれませんね。

cayoco
きっとその存在は大きいですね。

大浦
男性が作った料理が下手だったとしても「おいしいよ」「ありがとう」って食べることが大切なのをわかっていても、ついつい「こうした方がよかったね」ってダメ出しをしちゃうんですよね。作ってくれるだけでもありがたいのに、今度からは気をつけたいと思います!

20160902-img_2443

まずは素材に感謝をすることから

大浦
cayocoさんのごはんは、匂いからしても、作る工程をみているだけでも気持ち良くて、清々しい気持ちになれるのですが、どうやったら優しいごはんって作れるようになるんでしょうか。

cayoco
そうですね。まずは素材に感謝することがすごく大事だと思います。どこからきたのか、どんな人が育てているのか、育てている人の顔がわかるとないがしろにできないと思うんです。

大浦
野菜の後ろにその人の顔が思い浮かびますよね。

cayoco
都会では地元のものを食べるのは難しいと思うので、スーパーより商店の方が、八百屋さんとかの方が仕入れた人の顔が見えて良いと思います。「今日はこれがおいしいよ!」って会話があったり。スーパーでバーコードを通しだけじゃそっけない気がするので、まずは買うところから大事にしてみると、自然と優しいごはんになると思います。

その人のために作ったものは、優しいごはん

大浦
cayocoさんは食べる側として優しいなあと感じた経験はありますか?

cayoco
家族がつくるごはんは、愛情が入っているなあと感じます。私は小さい頃、母は料理が上手じゃないと思っていたんです。私の理想の味付けじゃないから。母は調味料も無農薬や有機のものを使っていたので、子どもにとってはシンプルなので、もう少しパンチがあるものがほしいとか思っていたんですけど、今思い返すとするすると身体に入っていって美味しかったなあと。身体に負担がなくて、その人のために作ったものって優しいごはんだと思います。

大浦
その人のために作ったもの、ですか。だからお家のごはんっておいしいんですね。外食しても大きなレストランで厨房が裏に隠れてわからないところよりも、小さなお店でメニューを頼んでから作っている気配を感じられるようなお店だと「わざわざ私のために作ってくれてありがとうございます!」っていう気分になったりしますよね。自分のために作られたもの、誰かのために作ったもの、が大事なのかもしれないですね。

切ったフルーツとおむすびの力

大浦
お母さんのごはんで記憶に残っているものはありますか?

cayoco
おむすびですね。ごはんがおいしくないと思ってたんで、でもおむすびだけはおいしい。握りたてもおいしいし、時間が経ってもおいしいし、塩の塩梅も辛かったり足りなかったりするんですけど、心に残っているのはおむすびです。

大浦
私も母のおむすびは心に残っています。あとはフルーツをむいてくれたのも。りんごを切ったり、グレープフルーツをむいてくれたり。私の母はよくグレープフルーツをたくさんむいてタッパーに入れてくれていたんですけど、きれいにむかれたものをむいたそばから私はムシャムシャよく食べていて。

母親になって同じことをするんですけど、自分でむいたものは全然味が違うんですよね。どうしても母にむいてもらったグレープフルーツを超えることはできない。味付けをしているわけでもないのに、不思議です。

cayoco
シンプルなものほど、そういうエネルギーのようなものが、わかりやすいのかもしれないですね。いろいろ調味料が入るとお料理の味になるんですけど、切ったフルーツとかおむすびってダイレクトに伝わってくるような気がします。あとはお茶を入れてもらったり、コーヒーを淹れてもらったりも、自分でやるより美味しいですよね。

大浦
たしかに!人のお家でいただく冷たい麦茶とかでもすごくおいしいですよね。

今日、cayocoさんに淹れていただいたお茶もとても心に染みました。美味しいごはんも今日はありがとうございました!

20160902-img_2432

ちいさなやさしさみーつけた

優しいごはんを作るためにできることは、とてもシンプルなこと。誰かのためにごはんを作ること。それだけで十分に優しくて、それだからこそ十二分にも愛おしい。

私たちは、誰かのために何かをしながら生きているように思います。そして同じように誰かに何かをしてもらいながら生きているようにも思うのです。

夜中にお布団をかけてあげた。会議室の椅子を戻してあげた。おいしいお菓子を、あの人の分も買ってあげた。
エレベーターで開けるボタンを押してもらった。どっさりと積んだ買い物かごを持ち上げてもらった。風邪に気をつけてね、とメールをもらった。

「give&take」。小さな優しい行動というのは、驚くほどに日常に溢れていて、当たり前のものとして見過ごしているように思います。自分がgiveしていることも、自分がtakeしていることも、忘れながら。

小さな秋をみつけるように「ちいさなやさしさみーつけた」なんて。そんな風に、今日触れた誰かの優しさに気づけたならば、心の温度はほんのりと変わってくるかもしれません。

IMG_0928-11

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。