男の優しいごはん

【動画レシピ付き】初心者にも身体にも優しい、豚こまと旬野菜のとろとろ煮

特集「男の優しいごはん」では、食とセラピーのお店「ていねいに、」のcayocoさんから、初心者の男性でも簡単につくれる、身体に優しいごはんについてお話を伺います。

今日は優しいごはんのレシピをcayocoさんから教えていただきます。作るごはんは「豚こまと旬野菜のとろとろ煮」です。野菜がたっぷり入っていて、身体に優しく、材料を切りながら簡単に出来るので、初心者にも優しい、そんなお料理です!野菜を季節ごとに変えれば、いつでも活躍できるレシピなので、おかずローテーションの一員にぜひ入れてくださいね。
動画は優しいごはんに寄り添うような柔らかな音楽を添えてお届けしています。ぜひ音声付きでもお楽しみください!


music: Takeshi Asada

材料 4人分

蓮根 120g 大1節
さつま芋 200g 小2本
小松菜 120g 3束
玉ねぎ 120g (1/2個)
にんにく 一片の半分
豚こま 200g
生姜 1㎝
酒 大1
片栗粉 大1
塩 ひとつまみ
胡麻油 大2

A
醤油 大1と1/2
みりん 大3
塩 小1/2
水 400ml

飾り
卵 2個
すり黒ゴマ 適量
胡麻油 適量

作り方

①ゆで卵をつくります。
鍋に卵と水をひたひたに入れて、中火にかけます。沸騰したら弱火にして7分火にかけ、冷水に浸しておきます。

あとで剥きやすくするために卵の底を「カチッ」と鳴る程度に軽く打ち付けるのがポイントです。

②豚こま肉を3㎝位に切ります。ボウルに豚肉と塩と酒と生姜のすりおろしをいれて、もみ込むように合わせておきます。

③玉ねぎは薄切り、にんにくは香りを出すためにおろします。

④熱した鍋にごま油と③と塩ひとつまみ(分量外)を入れます。弱火より少し強めの火で玉ねぎがしんなりするまで炒めます。焦げつきそうなら水を少しだけ入れます。

⑤玉ねぎを炒めている間に他の材料を切ります。
蓮根は縦半分に切り、寝かせて扇型にスライス、さつま芋は小さめの乱切り、小松菜は3㎝に切ります。

⑥④の鍋に蓮根とさつま芋をいれてさっと炒め合わせます。油が野菜に馴染んだら、Aを加えて沸騰したら中火にして蓋をして5分程煮ます。

⑦豚こま肉に片栗粉をあわせてもみ込みます。

⑧小松菜を加え、豚こま肉を少しずつ箸で泳がせるように鍋に入れます。全体をやさしく混ぜながら、豚こま肉に火が通ったら、味を塩で整えます。

⑨お皿にごはんを盛り、出来上がった具をかけて、最後に飾りのゆで卵とすり黒ゴマをふって完成です!

季節ごとの野菜のアレンジ

このレシピは旬野菜を使って、季節ごとにアレンジができます。季節の野菜を取り入れることで、季節による疲れを助けてくれる役割があるそうで、cayocoさんにオススメしていただいた野菜はこちらです。

春:菜の花 新玉ネギ、春キャベツ
夏:ピーマン、トマト、茄子
秋:蓮根、サツマイモ、小松菜
冬:白菜、長ネギ、人参

このレシピは煮物の基本にも通じる工程なので、料理初心者の方にチャレンジしていただけたら、煮物へのハードルがぐんと下がるはずです。味付けのアレンジとしては、八角とシナモンをいれて煮れば、魯肉飯風に、豚肉を厚揚げに変えて、ベジ使用にもなるとのこと。ぜひ自分の好みに合わせて作ってみてくださいね!

<続く>

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。