耳で味わう、英語の世界

【耳で味わう、英語の世界】深く思いを巡らすとき、ふと訪れる遠い記憶の中にある場所。 — Ponder

このコンテンツは、優しい朗読と音楽で英語の世界を感じるオーディオコンテンツです。下の再生ボタンをクリックしてお楽しみください。

あれ?パンダ?と聞こえてしまったかもしれません。
パンダは ‘panda bear’。ちょっと似ているこちらは、‘ponder’。
「よく、深く、じっくり考える」「思案する」「思いを巡らす」という意味です。

つい、止まって深く考え込むこと、ありませんか?

どんなことでも構いません。

過去の出来事を振り返って、ponderする。

本を読んで、登場人物の行動や気持ちについて、ponder。

家族のこれからのことについて、ponder。

‘Ponder’って、なんだか‘pond’ の比較級みたいです。

というのは、全く関係無い勝手な妄想で、‘pond’は池という意味。

‘pond’と‘ponder’。「池」と、「思いを巡らす」、という二つの言葉。

ところで、ある高校のキャンパス内に、静かな森があり、そこにrabbit pondという小さな綺麗な池がありました。絵画の授業のとき、その池の畔で写生をしたことがありました。

‘Ponder’という言葉は、‘pond’という言葉を経由して、その静かな rabbit pondに結びついてしまっています。画材を持って、畔に座り込んで絵を描いた、rabbit pondの記憶。

だから、‘ponder’ という言葉を意識する時、自分の思考のある部分は、よくrabbit pondの畔に飛んでいってる気がします。頭の中のその場所が、深く思考するための定位置であるかのように。rabbit pondを散歩しながら、いろいろと思いを巡らすようなイメージ。

頭の中には、きっといろんな風景があると思うのですが、どんな時に、それらの場所を訪れますか?特定の言葉が、特定の景色の記憶と結びついていること、あるのではないでしょうか。

探してみても面白いかもしれません。

イラスト・文・朗読 スタッフ 天野
ピアノ即興 山口美佳


このコンテンツには、画面上部のYouTubeの再生ボタンを押す他に、以下3通りの再生方法があります。

1.よりそうのYouTubeからお楽しみいただけます。
2.よりそうのSoundCloud(音楽SNS)からお楽しみいただけます。
3.PC/MacもしくはiPhoneをお持ちの方は、iTunesのポッドキャストから楽しむことができます。


おすすめ

オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

東京都生まれ。思春期に米国NY州で数年間を過ごす。 博物館学芸員アシスタント、外資系企業での職務を経て、現在子育てをしながら、少しずつ文章を書いたり、絵を描いたりしている。
素朴で丁寧な暮らしに憧れ、骨董品や器を見るのが好き。夫の影響でキャンプなどのアウトドアも好き。
英検一級、学芸員資格を持つ。横浜在住。 日常のなかにあるちょっとした美しいもの、ことを、文章や絵にしてお届け担当。普段は妻・母として、夫と長男、長女の四人家族を支えているような、支えられているような。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。