iPhoneケースのある風景

【iPhoneケースのある風景】柔らかな心で誰かを想う、夜の散歩道。

<iPhoneケースのある風景「夜の街編」の後編です。>

一年の中で、私が一番好きな風は、夏の夜風だ。
今日はちょっと遠回りしてから、お家まで帰ろう。
歩きながら、あの人に電話をかけよう。

_DSC0107_blog

人の心には柔らかい部分があると思う。

常識や道徳心とか、理性で支配されている部分と、そうでない部分。
ちょっとだらしなくて、わがままで、ふざけていて、
それでいてやさしくて、しなやかで、あたたかいところ。

_DSC0186_blog

心を満たしてくれるのは、誰かに頼むんじゃなくて、自分の周りにころがっているから。

私の柔らかな心よ、自由になれ。

_DSC0137_blog

私の手の中にある、この絵をじっと眺めてみる。

そうだ。私の心はいつだって飛び立てるんだ。
だから今日も枕元まで、この子を一緒に連れていこう。

_DSC0159

<夜の街編・完。休日の海編へつづく>

今回ご紹介した商品はこちらよりご購入いただけます。


文:スタッフ大浦
モデル:スタッフ天野
写真:佐藤昭太(non-standard world, Inc.)

この特集の目次

  1. お気に入りのiPhoneケースの日常を切り取る。特集「iPhoneケースのある風景」始まります。
  2. 【iPhoneケースのある風景】金曜の夜は、私の手の中にあるアートと共に。
  3. 【iPhoneケースのある風景】柔らかな心で誰かを想う、夜の散歩道。
  4. 【iPhoneケースのある風景】海に連れていきたい、私のお気に入り。
  5. 【iPhoneケースのある風景】私が好きなものを、 私らしいものを、そばにおいておきたいだけ。

お知らせ

心がひとりぼっちになった時、そっと言葉で明かりを灯してくれる本、当店オリジナル、作家小谷ふみ著書「よりそうつきひ」が発売となりました(ご購入はこちらから)。 どこか切なくて、寂しくて、愛しくて、ホッとする。なんでもない一日を胸に焼き付けたくなるようなショートエッセイが束ねられた短編集です。読んでいると大切な人の顔が心に浮かんでくる世界が広がっています。

この記事を書いた人:

「よりそう。」館長。時として編集長に変身し、ライターとして駆け回り、ドローンも飛ばしちゃいながら、訪れるみなさんをお出迎えします。好きな本は、稲葉俊郎『いのちを呼びさますもの』。好きな料理は、さつまいも料理。
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ