インテリアとして飾れる写真集・画集たち

【インテリアとして飾れる写真集・画集たち】第1回 飾るだけで日々が彩られる!毎日の暮らしの中で、目に入れたい本。

旅先の本屋で一目惚れして買った写真集。遠い国の美術館で手にした思い出の画集。運ぶのも、開くのも、ちょっと重たい。けれどもその重ささえも愛しくて、心を決めてお財布を握りしめ、ようやく手に入れた時、秘かに人生の味方を得たような気持ちにさせてくれるのです。

昔ほど身軽に動くことができなくなった今、お気に入りの本たちの出番は、なかなかやってこなくなりました。慌ただしい日常とは切り離されて、彼らは静かに本棚で眠っている。

久しぶりに思い出して手に取ると、懐かしさと同時に心は動き出します。美術館のように、身体全体を、緊張感や高揚感や充足感で包み込む力はないけれど、パラパラとページをめくるだけで、心の中で何かが響き始めるのです。

忘れていた感覚。目醒める感触。染み込む静けさ。解れていく感情。

非日常的な存在の本たちは、もしかすると日常に寄り添う存在になれるのでは。本棚で眠らせているのは、ものすごくもったいないことなのでは。

そんな想いを出発点に、今日から3日間に渡り、特集「インテリアとして飾れる写真集・画集たち」をお届けしたいと思います。

当店のメンバーの共通点は、アートの力をそれぞれが信じていること。これまでの人生、心と脳裏に色濃く残ったアートの出会い、というものをもっています。そこで、各メンバーの家の本棚で眠っているであろう、写真集や画集をひっぱり出して、飾って楽しめる本たちを紹介したいと思います。

第1回は、当店の運営会社non-standard world, Inc.のアートディレクター・佐藤が選んだ本たちをご紹介します。WEB制作会社のアートディレクターを務めながら、フォトグラファーとしての一面ももつ佐藤。どのページを開いても心が潤うような本たちを紹介してくれました。

_DSC0088-1

リビングに飾って、子どもも大人も味わう。
アートディレクター佐藤のおすすめ

毎朝同じ時間に、同じ海を同じ画角で撮り続けた写真集
Robert Weingarten “6:30 am”

630_1

Q.購入したきっかけ

とある洋書屋で何気なく手に取り、シンプルなコンセプトと空の色の変化を再発見するような写真に惹かれて購入しました。

630_2

Q.オススメのページ

写真家の自宅の窓から、毎朝同じ時間に、同じ海を同じ画角で撮り続けた写真集。同条件という縛りがあるからこそ、全て並べると色とりどりのパレットのように変化する空が、一層印象的にうつります。その日の気分で、しっくり来るページがまた違うのではないでしょうか。

630_3 630_4 630_5

630_6

Q.どんな時に飾りたいか

忙しくて自然に目をやったり季節の変化に耳を傾ける時間が取れないような時に飾りたいです。

630_7

単にきれいなだけでない植物の力強さも感じられる本
Nick Knight “Flora”

flora_1

Q.購入したきっかけ

インターネットでたまたま見かけて、Amazonですぐに購入しました。

flora_2

flora_4

Q.オススメのページ

ファッション写真家であるニック・ナイトによる、押し花の写真集。透過光も使って、植物のフォルムが印象的に切り取られ抽象化された画面は、単にきれいなだけでない植物の力強さも感じられるのが魅力。中でも、唯一見開きで登場するピンク色の植物の写真は、この写真集のハイライトとなっています。

flora_5

Q.どんな時に飾りたいか

少し、頭に新鮮な刺激が欲しいときに飾りたいです。

flora_3

子どもと過ごす空間と時間にも飾れる一冊
Bruno Munari “Zoo”

zoo_1

Q.購入したきっかけ

学生時代、この作家の『きりのなかのサーカス』という本をカフェで見かけ、興味を持って他の作品を探していた時に知り、数年経って子どもがうまれてから購入しました。

zoo_2

Q.オススメのページ

象の重厚な質感と、軽やかな小鳥のタッチの対比。 余白を生かしてトリミングされたシマウマに対して、画面全体に広がるカラフルな鳥たちといった、ページ間の対比がおもしろいです。

zoo_5

zoo_3

Q.どんな時に飾りたいか

子どもと過ごす休日、リビングに。

zoo_image

お気に入りの本、私はこんな風に飾りたい

Robert Weingartenの “6:30 am”は、リビングに置いておいて一日の終わりなど、句読点のように一息つく時間を持ちたいときに手に取れたらいいなと思います。

630_image


佐藤が選んだ本たちは、どれも日々に彩りを添えてくれる、毎日の暮らしの中で目に入れたいようなものばかりでした!こうした写真集や画集は、ただ心を癒やしてくれるだけでなく、普段とは異なる視点を私たちに教えてくれているような気がします。

明日は、現代アート好きのデザイナー南舘に、たっぷりとおすすめ本を教えてもらいました。ちょっと尖った本もあったりと、写真集の中から広がる非日常感をお届けします。(第2回へ続く)

▼今日ご紹介した本

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。