今日も未来も、残したいモノと想い

【今日も未来も、残したいモノと想い】作家・小谷ふみさんのショートエッセイが始まります。

特集「今日も未来も、残したいモノと想い」、今日から3日間は作家・小谷ふみさんによる「今日も未来も、残したい想い」をテーマとした3篇のショートエッセイをお届け致します。

小谷さんとの出会いは、遡ること3年前。当店がリニューアルする前、ちょうど本を出版したばかりの小谷さんにインタビューをさせていただきました。その著書「やがて森になる」(クルミド出版)は、日常の中で湧き上がってくる、小さな感情や想いを、ていねいに掬い取ったようなエッセイが綴られています。私はこの本に出会った時、妻であり、母親であり、娘でもある自分の役割や側面の中で苦しくなったり、悩んだりしていたのですが、小谷さんの言葉を通じて、それでいいんだと肩の力がふっと抜けて、心が救われました。 そして、子どもと過ごす、一日、一瞬をもっと大切にしたいという気持ちが、読み終えた後じわじわと湧き上がってきたことを、今でも憶えています。

時に声を出すほど笑えて、時に涙がこぼれ、読む人の心をほぐしてくれる、小谷さんの織り成す言葉たち。季節が何度巡っても、同じ場所に立ち続ける一本の木のように、ちょっとした風では吹き飛ばされることのない、心に刻まれていくような言葉たちを、今回は手書きで綴っていただきました。呼吸さえもにじみ出てきそうな、手書きの文字。それは、その瞬間にしかない、その人しか書けない、心の声のようなもの。

今日から3日間、みなさまの大切な人を思い浮かべながら、ぜひお楽しみくださいね。

IMG_0106-1

小谷ふみ

言葉を配達しています。
日常や世界、音楽や時間を、詩・エッセイ・翻訳にのせて。代表作「やがて森になる」「月の光」。
他「扉の言葉」を書いたり、「名まえ」をつけたりもします。


EndingNote_0706_ページ_06

時計

今日は夕暮れの風に、
胸いたむ、かなしい知らせを聞きました。

こんな時はいつも、
「目が覚めたら、もう80歳位になってないかな」
なんて思ったりします。
気がついたら、辛いこと、嫌なこと、
全部終わっていたらいいのにと。

でも最近になって、
老いを知り初めたあなたと、
大人になりつつある君との日々を、
そんな風に早送りしたくない、
そう感じるようになりました。

そして、家族より、友達より、
少しだけ、長く生きて、
ともに生きた笑顔やため息の日々を、
少しだけ、長く覚えておきたいとも、
思うようになりました。

覚えている人がいる限り、
ずっと残り続けるから。

だから、この時計が、
ちょっとでも長く動くように、
もうちょっとだけ、
丈夫に、強くなりたいのです。
身体も、出来ることなら心も。

最後に、
ひとりぼっちのおばあちゃんになったら、
たまに会う、おじいちゃんになりかけの君に、
あれやこれや覚えていることを語る。

君が生まれた日の写真、
あなたの走り書き、
ほんの少しの大事なものに囲まれて。

最期には、
そこに自分自身を並べ、
夫の光に重なるように、
微笑みに消えるのだ。


つづく

この記事を書いた人:

よりそう。の店長。ウェブマガジンの編集長、オンラインショップの店長業務を担当。2014年から、夫でもある社長・高崎と共に、東京から福岡へ移り住む。海と山とあたたかな人に囲まれながら、息子二人の育児にも奮闘中。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。