アート片手に、ちょっとおしゃべり

【アート片手に、ちょっとおしゃべり】美術館だけで終わらない。家でもアートの追体験ができる、模写のススメ。

こんにちは。スタッフ天野です。

みなさん、最近は展覧会に行かれましたか?
夏から秋にかけては大型の企画展が目白押しの季節。駅に行く度に、たくさんの素敵な展覧会のポスターが目に止まりますね。あれも行ってみたいなぁ、これも観たい、と妄想ばかり膨くらます季節が、またやってきました。

一方現実の私は、二人の幼い子供のお世話と、この夏には引っ越しも経験し、本当にてんてこ舞い。本物の美術からはしばし遠ざかっています。

けれど、そんな慌ただしい時にこそ、アートに触れ、心のバランスを取り戻すことが大切かもしれません。そこで、この春に観たイタリアの画家、ジョルジョ・モランディの作品を模写してみることにしました。

絵画作品をより深く味わう方法。模写とは?

アート作品を深く味わう方法は、いろいろありますよね。
作品の解説を読んだり、オーディオガイドや、学芸員のギャラリートークを聞く。ポストカードを購入して飾ったり、手元でじっくり眺めたり。模写もそのひとつ。

模写って、漢字で書くと写経みたいで、古くて堅苦しい感じがしませんか。
「モシャ」っていう音の響きも、なんだかアートに似合わなくて、ちょっと変・・・モシャ。

20160831-IMG_2244

イメージ湧きにくいかもしれないですが、海外の美術館などで、子供や学生が、床に座ってスケッチブックを持って一生懸命何か描いている姿。アレも模写です。
心に響いた作品をよく観察して、なるべくそっくりに写し描いてみるんです。

模写が好きなのは、大好きな絵の世界に、深く深く潜り込む感覚があるから。

私の子供の頃の夢は絵かきさんでした。今でも年に一度くらい、描きたい衝動に駆られます。
しかし、仕事や家事などの合間に、なかなか作品を生み出す為のエネルギーと時間を確保することは難しいのが現実。

その点、模写はすでにある、素敵だなと感じる作品を写すので、もう少し、気楽に楽しむことができるんです。作品のゴールが見えているというのは、ゼロから制作するのと心理的に大きな違いですよね。

名称未設定-1299

作品を隅々までじっくり観察し、一筆一筆再現する作業。そこには、好きな絵の世界に、深く深く潜り込んでいくような感覚があります。展覧会で作品を前にするのとはまたちがった、画家の息吹のような、多くの気付きを得ることができるんですよ。それに、好きな作品が自分の手によって少しずつ出来上がってくるのは、とってもワクワクします!

後編は、実際にモランディの作品を模写した時のお話です。是非お付合い下さい!


ジョルジョ・モランディ(1890-1964)は20世紀を代表するイタリア、ボローニャの画家。数多くの静物画と風景画を残し、生前よりヨーロッパのみならず、世界中で愛されました。アメリカ、ホワイトハウスの一室にも飾られているそうです。

参考文献:
ロレンツァ・セッレーリ、ジュージ・ヴェッキ監修、 「ジョルジョ・モランディ—終わりなき変奏」展覧会カタログ、2015年、東京新聞

おすすめ

作家・小谷ふみさんの書籍を出版し、売上の10%を入院中の子どもたちを支える団体へ寄付するプロジェクトに向けた、クラウドファンティングを実施中です。こちらよりぜひ一度ご覧ください!


料理家cayocoさんが、春夏秋冬の旅を通じて人・食材・土地と出会い、その土地の保存食をバトンに食と人をつなぐ「food letters」、その旅とレシピ本の特典付き先行予約が始まりました!詳しくは、こちら


オンラインショップではよりそう。でしか買えないアートグッズやお花を取り揃えています。こちらよりぜひ一度ご覧ください!

この記事を書いた人:

東京都生まれ。思春期に米国NY州で数年間を過ごす。 博物館学芸員アシスタント、外資系企業での職務を経て、現在子育てをしながら、少しずつ文章を書いたり、絵を描いたりしている。
素朴で丁寧な暮らしに憧れ、骨董品や器を見るのが好き。夫の影響でキャンプなどのアウトドアも好き。
英検一級、学芸員資格を持つ。横浜在住。 日常のなかにあるちょっとした美しいもの、ことを、文章や絵にしてお届け担当。普段は妻・母として、夫と長男、長女の四人家族を支えているような、支えられているような。

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Lineで送る

記事への感想を送る

いただいた言葉たちは、大切に読ませていただきますとともに、こちらの連載にてお返事させていただいております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。